私の肌にプチごほうび!“水素+炭酸”のバスアイテム誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Sponsored by 株式会社バスクリン

仕事をして家事をして、独身ならデートに女子会もしたいし、子どもがいれば育児もあって、働く女子は毎日がまさに戦場! でも、気合いを入れて月曜日を迎えても、週の半ばを過ぎる頃にはぐったり、肌にも影響が出てきてしまっている……なんてこと、ありませんか?

美容ライターをしている私も、実際のところ忙しい毎日を送っていると、月曜日のハリツヤ肌も気がつけばお疲れ肌になっているのを感じてしまいます。そのままにしていると肌老化にもつながってしまう憎いもの。

つまり、週の後半に出やすいお疲れ肌にどうアプローチするかを意識することが大切なんです。

 

肌の疲れを実感するのは水曜から!?

※参照元:株式会社バスクリンによるWEBアンケート調査(2017年8月10日〜8月12日実施)/対象:有職フルタイム勤務(土日休み)の20〜50代女性計200名

働く女性を対象に調査したところ、なんと77.4%の人が水曜日は肌に疲れが見られると感じているそう。木曜の朝、鏡に映った自分の素顔が疲労感でいっぱい、化粧のりもイマイチ……なんて、モチベーションも下がってしまいそうですよね。

肌には日常的にケアを怠らないことが大事ですが、スペシャルケアなどは、疲れを感じる水曜日は面倒くさいと思ってしまうのも事実。

アンケート調査でも、「水曜日は家でくつろぎたい」という人が80.8%に上るのにもかかわらず、「水曜日は疲れが出るからスキンケアは何もしたくなくなる」と思っている人が50%を超えています。

確かに疲れていると何もしたくない気持ちは誰もが共感できますよね。だからこそ、時間も手間もかけないでケアができればいいと思うのが本音ではないでしょうか。

 

バスタイムでエイジングケア※1を!

エイジングケア※1で大切なのは代謝を促してあげること。毎日特別なことをする前に見直してみてほしいのがバスタイムです。そのときに一緒にエイジングケア※1もできるのが『きき湯 BATH ESTHE(バスエステ)』(浴用化粧料)。

新発想の水素※2+炭酸※3のWの泡とアルガンオイル(保湿成分)配合。疲れがちな肌にアプローチして、ハリとツヤを与えてくれます。水素も炭酸も美容アイテムではたくさんありますが、水素と炭酸が一緒に肌にアプローチしてくれるバスアイテムはいいですよね。

しかも、面倒くさいと思いがちなエイジングケア※1をお湯にゆっくりつかっている時間でできるなんて、忙しくて肌のケアを怠りがちな人にも楽チンで魅力的。

でも、気になるのはやっぱり実際の使用感。そこで、私が実際に『きき湯 BATH ESTHE(バスエステ)』の使い心地を試してみることに!

※1:年齢に応じたお肌のケア
※2:水素化Mg(発泡剤)由来の水素発泡
※3:炭酸Na(発泡剤)由来の炭酸発泡

 

きめ細かい泡と香りが心地いい!

今回使ったのは『クリアハーブの香り』『フレッシュシトラスの香り』のうち『クリアハーブの香り』。

実際にお湯に入れてみると、ブクブクと勢いのある泡が! この泡は、お湯の中に水素と炭酸が一気に溶け込んでいるようで、その後すぐ細かい発泡になり、淡いグリーンの色がお湯に広がっていきました。

お湯につかるといつもよりお湯がやわらかく感じ、包み込まれているような安心感があります。また、すっきりとしたクリアハーブの香りも心地よかったです!

秋の乾燥しがちな空気で肌もお疲れモードでしたが、リラックスしたバスタイムでリフレッシュした気持ちになれました。しかもエイジングケア※1も期待できるので嬉しいですね。

実際に湯船にいれてみたとき、あまりにスムーズに泡が溶けてしまったので、“水素+炭酸”のWの泡がどのようにお湯に溶けていくのかを実験してみました。

お湯を入れたグラスに1粒落としてみると、細かい濃密な泡がお湯のなかに溶け込んでいくのがわかりました! 素早く溶けていい香りが広がっていくので、湯船につかる前から楽しめます。

アイテムについてもっと詳しく知りたい!

 

毎日のバスタイムをエステタイムに

バスエステで心地よい気分に浸ったら、翌朝も「今日も頑張ろう!」と素直に思えました。

いつものお風呂に入れるだけという手軽さは、忙しい女性には本当にうれしいですよね。あなたも、毎日がんばっている自分にご褒美をあげてみてはいかがでしょうか。

 

きき湯 BATH ESTHE(バスエステ)

Sponsored by 株式会社バスクリン