乾燥する季節の強い味方!しっとり潤う「オイル美容」のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

乾燥が気になるこれからの季節。化粧ノリも悪くなり、シワも目立つなど、よいことはひとつもありませんよね。

そんな乾燥肌を防ぐため、スキンケアに取り入れたいのがオイル。今回は、『美レンジャー』過去記事から、しっかり保湿してしっとり肌に導いてくれる“オイルスキンケア”をまとめてご紹介します。

なお、オイルを使用する際は、はじめに腕の内側・外側にオイルを塗り、10分間放置して、赤みやかゆみが出ないかパッチテストをすることをオススメします。

 

オイルパックでしっとり肌を目指す!

過去記事「乾燥肌を一発レスキュー!“デート前日でも間に合う”ぷる肌オイルケア」では、デート前日でも間に合う“しっとりスベスベ肌を叶えるオイルスキンケア”についてお伝えしています。

オススメオイル3つ

(1)オリーブオイル

皮脂に40%ほど含まれるといわれているオレイン酸を75%ほど多く含み、肌へ浸透しやすく保湿力が高いのが特徴。ツヤと潤いを与え、肌の皮脂バランスを整える作用も。使う際は、良質なエクストラバージンオイルにしてくださいね。

(2)椿オイル

椿の種子を圧搾して精製される椿オイルもオレイン酸を85%と多く含み、肌に潤いを与えてくれる効果が。空気に触れても酸化しにくい特徴があり、肌の水分量をキープしながら乾燥を防いでくれます。

(3)ホホバオイル

ベタつきのないサラッとしたテクスチャー。肌の角質に含まれる“ワックスエステル”という成分を含むため、肌への刺激がとても低いのが特徴。やさしく肌表面の水分の蒸発を防いでくれます。酸化しにくく安全性が高いオイルといえます。

オイルパックで「化粧ノリのいいしっとり肌」へ

乾燥肌を防ぐには、洗顔後すぐに行う“オイルパック”がオススメ。手順は以下のとおりです。

(1)まずは3滴ほど手に取り温め、顔全体に馴染ませる。顎~おでこまで、顔の内側から外側に向かってやさしく指を滑らせてマッサージ

(2)すべりが足りないようなら、さらに2、3滴追加。その後、蒸しタオルを顔にのせて2~3分置いたら、オイルをタオルで拭き取る

(3)オイルが残っていて違和感がある場合は、洗顔をしてから普段のスキンケアをする

顔全体をマッサージをすることで血行がよくなり、栄養が肌の隅々まで行き渡ります。リンパの流れを意識しながら首やデコルテまでマッサージすると、首の乾燥やむくみ解消効果も期待できます。

蒸しタオル後の肌は毛穴が開き、化粧品の浸透がよくなっている状態。その後のスキンケアを怠ると逆に乾燥を招く可能性があるので、丁寧に保湿しましょう。

 

効果を台無しにするNGケアとは?

せっかくオイルスキンケアを取り入れるなら、正しい方法で行いたいですよね。過去記事「しっかり保湿…できてない!“オイル美容”効果台無しのNGケア3つ」では、“オイル美容の効果台無しなNGケア”を3つご紹介しています。

1:温めずに塗布する

冷えたオイルを、そのまま使用するのはオススメできません。オイルは温められた状態のほうが、浸透力がよくなるため効果も高まります。オイルを手のひらにのせたら、両手を軽く合わせるようにしてオイルを人肌くらいの温度に温めましょう。

2:オイルの選択を間違っている

もし、美容オイルを使用していて肌荒れがひどくなった場合、選び方に問題があるのかもしれません。

ニキビ肌の方には、硬くなった角質層をやわらかくして肌代謝を正常に整えてくれたり、毛穴がつまりにくくなるなどの効果が優れている“スクワラン”のオイルがオススメ。

また、炎症を抑えたりメラニン生成を抑制する効果がある“ローズヒップ”もよいでしょう。テクスチャーはしっとりしていて、ニキビ痕対策としてはもちろんのこと、お肌にハリを与えるなどのアンチエイジング対策としても使われているオイルです。

ニキビができているところや周辺のお肌は乾燥しがち。上記2種類のオイルを、肌荒れが気になる箇所に“ポイント使い”してみてください。

3:分量を間違っている

通常のスキンケアに取り入れる場合、分量の目安は乳液やクリームなど、スキンケアの最後に1~2滴のオイルを塗布するだけで十分。これだけでも保湿効果を高め、肌のバリア機能を整えることができます。

オイリー肌の方は、ますますお肌が油っぽくなってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、実は化粧水のあとにオイルを1滴使うだけで、肌の保湿力が持続します。そのため、過剰な皮脂を抑える効果が期待できるのです。

 

紫外線を浴びた肌に!ココナッツオイルでケア

最後は、過去記事「紫外線のアフターケアに“ココナッツオイル”!夏肌に効果的な使い方」から、夏の紫外線を浴びた肌をいたわるのにオススメ! ココナッツオイルを使ったスキンケアをご紹介します。

ココナッツオイルのスキンケア効果

ココナッツオイルには、下記のような嬉しい効果が期待できます。

(1)しっとりとした保湿効果

(2)高い抗菌・抗炎症作用により肌を清潔に保ち、かゆみ・炎症をしずめる

(3)紫外線でダメージを受けた肌の修復作用

(4)甘い香りによるリラックス効果

ココナッツオイルをスキンケアに使用する方法

同量のココナッツオイルと水を手のひらで混ぜ合わせたら、美容液の代わりに肌に塗ります。ハンドプレスをして手のひらの温かさを使うと、浸透力が高まるでしょう。

 

いつものスキンケアにひと手間加えるだけで肌がしっとりうるおうオイルスキンケア。女性なら誰でも憧れる“うるおいに満ちたすべすべ肌”を手に入れるためにも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

夏疲れ肌のために今からインナーケアをプラス「アスタキサンチン」で賢くのりきる

「若見え肌」は58歳なのに…見た目30代!500円で始める高級美肌ケアサプリ

働く女性の新常識!外でのくちもとケア事情

手間ヒマかけずにキレイでいたい!欲張りさんにぴったりの高浸透オールインワン

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料