夏の肌荒れを救うのは「冬野菜と足湯」!? 美肌を守る生活習慣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

 

夏も終わりに差しかかってきましたが、暑さはまだまだ続きそうですね。寝苦しかったり、冷房で体が冷えたり……体力的にもバテてしまいますが、これらは肌にも悪影響を及ぼします。

なぜ肌が荒れてしまうのか、今回はそのメカニズムと対処法をご紹介しましょう。

 

約80%が夏に「睡眠不足」と「体の冷え」を感じている

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド『DECENCIA(ディセンシア)』を展開する、株式会社DECENCIAは、20代〜50代の女性543名に、夏の生活習慣と肌状態に関してアンケート調査を実施しました。

その結果、夏の夜に寝苦しさを感じたり、暑さで目を覚ましたりする経験がある人は441名で81%。そのなかの79%が、夏は睡眠不足になると感じているそうです。

また、日中はエアコンのついている室内にいることが多いと答えた人は390名で72%。そのうち77%が、エアコンで体の冷えを感じているとのこと。

 

睡眠不足と冷えがなぜ肌荒れの原因に?

DECENCIAによると、睡眠不足と体の冷えはどちらも肌荒れの要因になるそう。

睡眠不足になると、角層同士を密着させる因子の分解が進みません。すると、細胞間にセラミドなどの脂質が充満することができず、バリア機能の低い“コンパクト角層”になってしまうのだとか。

また、体が冷えると皮膚の温度も低下し、健康な角層を生み出すカギとなっている“タイトジャンクション”の働きが不活性に。同じく肌のバリア機能低下につながります。

このようにバリア機能が低下することによって、外部刺激の影響を受けやすくなり、肌荒れを起こしてしまうのです。

 

暑くても!体を温める野菜&足湯でケア

肌荒れを起こす睡眠不足と体の冷えを回避するためには、ライフスタイルの見直しが重要。まず、体を冷やさないために、トマトやキュウリ、ナスなど体を冷やす“夏野菜”だけでなく、ねぎや生姜、にんじんなど体を温める“冬野菜”もバランスよく食べましょう。

寝つきをよくするためには、足湯がおすすめ。「暑くて眠れなくなりそう」と思うかもしれませんが、末梢血管が拡張し、手足の表面からの熱放散が増えるため、体の内部の温度が低下しやすくなり、寝つきがよくなります。

 

睡眠不足や冷えといった悩みが、肌荒れを引き起こす原因だったとは驚きですね。しっかりスキンケアしているつもりなのに、効果がないという人はライフスタイルの見直しから始めてはいかがでしょうか。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

夏疲れ肌のために今からインナーケアをプラス「アスタキサンチン」で賢くのりきる

「若見え肌」は58歳なのに…見た目30代!500円で始める高級美肌ケアサプリ

働く女性の新常識!外でのくちもとケア事情

手間ヒマかけずにキレイでいたい!欲張りさんにぴったりの高浸透オールインワン

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

 

【参考】

※ リリース情報|DECENCIA(ディセンシア)公式サイト