黄ばんでたら…男性ドン引き!白い歯をキープするプロの技まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

口を開けて笑ったときに見えた歯が白いと、清潔感を感じますよね。「きちんと歯の手入れをしているんだ」という印象は、信頼感にも繋がるはず。逆に、キレイにメイクをしていても歯が黄色いと、ズボラな印象を与えてしまうかも……。

そこで今回は『美レンジャー』の過去記事より、歯の黄ばみを防ぐために日常的にできるケアと、歯科医院で行うホワイトニングとはどういうものかについてご紹介します。

 

飲食後は口をゆすいで着色汚れを防ぐ

コーヒーや紅茶など色の濃いドリンクを仕事中に飲んでいる人も少なくないでしょう。でも、歯のことを考えると、ダラダラと飲み続けるのはオススメできません。なぜなら、歯の着色汚れに繋がってしまうから。

「歯科衛生士が勧める“歯の黄ばみを防ぐ”ちょっとした習慣3つ」によると、着色成分をとどまらせないためには、コーヒーや赤ワインなどといった歯が黄ばみやすい飲み物を口にした後は、すぐに水で口をゆすぐのがベスト。また、カレーなどの色の濃いものを食べている最中は、水を一緒に飲むといいでしょう。

 

歯磨き粉は「低研磨」のものを選んで

日々のケアとしては、歯磨き粉の選び方が重要です。「白い歯キラ!5位上戸彩“男が選ぶ歯が白くて魅力的な芸能人”1位は」によると、“ホワイトニング”と表記されている市販の練り歯磨き粉でも、残念ながら歯そのものを白くすることはできないそう。しかし、歯の表面についている汚れや着色汚れなどを落とし、黄ばみを防ぐには効果的なんだとか。

一方で粒子の荒い研磨剤が配合された歯磨き粉は歯の表面を傷つけ、さらに汚れが付きやすくなる可能性が。“低研磨”と表記されたものを選んでみてくださいね。

 

歯を白くするなら歯科医院でホワイトニング!種類は2つ

歯の“黄ばみを防ぐ”のではなく“白くする”には、歯科医院でホワイトニングをする必要があります。過去記事「歯科医に聞いた“歯科医vs自宅ホワイトニング”メリット&デメリット」では、歯科医院で行う“オフィスホワイトニング”と、自宅で行う“ホームホワイトニング”の違いを解説しています。

オフィスホワイトニングは、歯に薬剤を塗布したあとライトを照射して白くする方法。即日で効果が実感でき、芸能人のような“真っ白な歯”も目指せますが、施術に痛みが伴うこともあります。

一方のホームホワイトニングは、薬剤を入れたマウスピースを自宅ではめて、数週間かけて白くしていくというもの。痛みは少ないですが、手間と時間がかかります。

費用は医院によって異なりますが、オフィスホワイトニングのほうがお高め。まずは歯科医院で、自分に合うのはどちらの方法か相談してみましょう。

 

歯の白さは、メイクでは変えられません。鏡を見て「やばい、黄色い!」とショックを受ける前に、日々のケアを徹底しましょう!

 

 

【おすすめ記事(PR)】

夏疲れ肌のために今からインナーケアをプラス「アスタキサンチン」で賢くのりきる

ムダ毛を処理する時代は終わり!勝負素肌を手に入れる「ご褒美シェービング」に注目

働く女性の新常識!外でのくちもとケア事情

「さらばムダ毛」で心もスッキリ…塗って置くだけの除毛アイテムって?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

今のブラに満足?「女性のワガママ」を叶えてくれるランジェリーをチェック!