冷房で足がキンキン!ツラ~イ冷えは「合せきのポーズ」で解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

クーラーが効いた部屋で過ごしたり、冷たい飲み物・食べ物ばかり口にしたりしていると、夏でも体が冷えてしまいますよね。

体調不良を引き起こさないためにも冷えを予防・改善したいもの。そんなときは、ヨガで体を温めましょう。

今回は、ヨガインストラクターの筆者が“冷えが気になる方にオススメのヨガポーズ”を紹介していきたいと思います。

 

シンプルだけど効果アリ!「合せきのポーズ」

“合せきのポーズ”は、床に座り足の裏を合わせるシンプルなポーズ。骨盤と下半身をつなぐ股関節を緩めて、下肢(脚)の血のめぐりをよくする効果があります。

さらに、そこから上体を前に倒して頭を心臓よりも下げることで、首や肩の血行がアップし、腹部を圧迫することで内臓機能の促進も期待できるため、冷えの改善に役立つのです。

 

「合せきのポーズ」プロセス

 

(1)床に両脚を伸ばして座る

(2)脚を開いてひざを曲げ、左右の足の裏をつける

(3)(2)の足を自分の方に引き寄せ、両手で足の甲をつかむ

(4)息を吸って背筋を伸ばし、吐いて上体を前に倒し、額を床に近付けたら鼻呼吸を5回繰り返す

(5)息を吸いながら上体を起こす

 

ポーズを安全に取るために

ポーズを取ってみるとわかるのですが、ひざが床につかなかったり、体が前に倒れなかったりする方が多いでしょう。“合せきのポーズ”を取るときは、下記の項目に気をつけながら行ってみてください。

(1)左右のお尻に均等に体重が乗るように座る

(2)腰がストンと後ろに落ちると背中が丸まるので、お尻の下にブランケットを敷いてもOK

(3)ひざが床につかない・体が前に倒れない方は無理をしない。ひざが浮いたままでよいので背筋を伸ばして浅い前屈をするところからスタートする

 

ヨガのポーズを取るときは、呼吸は普段よりもゆっくりと深く。心身ともにリラックスした状態で行いましょう。また、温かい血液が体中をめぐっている様子をイメージしながら行うことでより高い効果が得られると言われています。

冷えた体を温めるために、“合せきのポーズ”を役立ててみてくださいね。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

ムダ毛を処理する時代は終わり!勝負素肌を手に入れる「ご褒美シェービング」に注目