ムダ毛を処理する時代は終わり!勝負素肌を手に入れる「ご褒美シェービング」に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

薄着の季節がやってきました。手脚、指、背中など、全身のムダ毛が気になりますよね。「面倒だから、適当に処理してる」という女性も多いかと思いますが……今時の美女たちは、シェービングを“自分磨きの時間”として捉えているようです。

今回は美容ライターの筆者が、キレイな人のあいだで話題の脱毛アイテムとその魅力をご紹介。夏がくる前に、ぜひムダ毛の処理方法を見直してみて。脱毛に対する価値観が変わるかも!

 

脱毛法はいろいろあるけど…「勝負素肌」を目指すならシェービング

脱毛法はいろいろありますが、シートやワックスは、ときに”痛くて肌のダメージが心配”なことも。永久脱毛は”時間もお金もかかる”、最近話題の除毛クリームも人によっては”毛が残ったり、ヒリヒリする”というデメリットもあります。敏感肌の筆者は、かつて肌に合わない方法でムダ毛を処理してしまい、赤いブツブツがしばらく残り後悔した経験があります……。

思わず触れたくなるような“勝負素肌”を手に入れるには、やはりシェービングが最適! そこで重要なのは、カミソリ選びです。

 

キレイな人は『ヴィーナス スワール』で“処理”から“自分磨き”へ

では、どんなカミソリを選ぶのがよいのでしょうか? リサーチしたところ、キレイな人の間では『ジレット ヴィーナス スワール』(Gillette Venus Swirl)が話題になっているようです。

おふたりとも、ずっと眺めていたくなるほどのツヤ肌。“カミソリ負け”していないことが一目でわかります。

ムダ毛の処理というと「誰にも見られたくない行為」というネガティブなイメージがあるかと思いますが、彼女たちの姿は「そっか、脱毛ってスキンケアと同じ、ボディのケアなんだよな」と改めて気づかせてくれますよね。

スベスベになった肌は、自分で撫でていても気持ちがいいもの。そんな肌をつくりだす時間と考えれば、“ムダ毛処理”から“ご褒美シェービング”に感覚が変わります。

筆者も『ヴィーナス スワール』を使ってみましたが、そっと当てて滑らせるだけで、スムーズに剃れます。肌あたりが心地よく、シェービング後に赤くなったりヒリヒリしたりすることもありませんでした。

筆者はしっかりめのムダ毛の持ち主ですが、剃って短くなった濃い毛も、薄く柔らかい長めの毛もバッチリ剃れて、堂々と披露できる肌に! 古い角質がオフされるからか、シェービング後は肌の色もワントーン明るくなった気がしました。剃る行為だけでこのような効果を感じるなんて、カミソリの進化を感じました。

うれしくなるほどツルスベ肌になるので、ボディケアの意識も高まります。『ヴィーナス スワール』で定期的に肌と向き合えば、全身キレイへの道が開けるでしょう。

 

スベ肌を実現!体にフィットする「フレキシボール™」の秘密に迫る

そんなツルスベ肌になれる『ヴィーナス スワール』の秘密をご紹介しましょう。

スムーズに剃れるのは、“フレキシボール™”のおかげ。丸いシルバーの部分です。

従来のカミソリは前後方向にしか動きませんが、“フレキシボール™”があると左右方向にも首振りが可能に。格段に剃りやすさがアップしています。

持ち手の部分が左方向に動いているのがわかりますか? ワキのくぼみやヒジなど、剃り残しをしやすい部分にもフィットします。グリグリと動くわけではなく、女性ならではの凹凸のある体のラインに沿って的確に動いてくれるので、安定感は◎。この“フレキシボール™”が採用されたのはヴィーナス史上初だとか。

曲面フィット5枚刃も、ヴィーナスの中で最も薄い刃を使用しているので肌に優しく、剃りづらい箇所にもぴったりフィット。手ごわい体毛をしっかりキャッチし、ヒジやヒザなどの剃りづらい部分も難なくシェービングできます。

刃の周りには、肌を保護する“モイスチャーグライドリボン”もついているので、肌にも優しくて敏感肌の方も安心ですよ。実際、剃ったあとの肌は、クリームを塗らなくてもスベスベでした。

「シェービングは肌を傷めてしまう」と思い込んでいる方や「ムダ毛処理が面倒でしょうがない!」という方は、ぜひ『ヴィーナス スワール』を試してみてはいかがでしょうか。ボディケア意識も自然と高まり、“勝負素肌”で夏が迎えられるはず!

 

※ 『ジレット ヴィーナス スワール』(Gillette Venus Swirl) – P&G

 

Sponsored by P&G