年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

年齢を重ねていくこと、あなたは楽しめていますか? 加齢による外見や体調の変化には敏感になってしまうものですよね。筆者含め『美レンジャー』読者にも多いアラサー世代は、その他にも結婚や出産、仕事など、人生の選択を迫られるような場面が訪れたり、期限を突きつけられているような気がしてしまったり色々と悩んでしまうことも……。

実は、この春『SK-Ⅱ』が10代~50代の女性1400人に対して実施した「女性の生き方」に関する調査で、「“30歳”を迎えることを不安に感じる女性」は約6割にものぼることがわかったのです!

今回は、その気になる調査結果をお伝えするとともに、そんな悩める多くのアラサー世代女性の共感を得ている、とある動画についてご紹介します。

→動画に寄せられた女性著名人たちからのメッセージは?

 

3人の女性の成長を描いたショートストーリー

まずは動画をご覧ください。

内容は、女性の誕生から30歳になるまでの成長の過程と葛藤を追ったショートストーリー。

韓国、中国、日本、それぞれの国で誕生した3人の女性は、みんな生まれたときから手首にある数字が。子どもの頃はその数字を気にすることなく過ごします。3人の女性は成長し、学業やキャリアを積み、プライベートも充実した人生を歩む一方で、年齢を重ねるにつれ、自分も周囲もそこに書かれた数字を意識するように……。というのも、この数字は、実は30歳の年齢を意味する数字だったんです。

日本では、年齢や性別、思考などに捉われることなく、自分らしく生きればいいという世の中にもなりつつありますが、それでも、ときにかけられる心ない言葉や周囲からの期待、そしてさらには理想とする「こうならねば」という姿を自分で描き、それにプレッシャーを感じてしまったりしませんか。そう、多くの女性が30歳を迎えることへの焦りや重圧に苦しんでいるのです。

しかしあるとき、女性たちは全ての決断は自分の手の中にあると気づき、自ら課したプレッシャーから開放され、その瞬間、腕の数字も消えてなくなります。つまり、自らが、自分の人生は自分で決めるもの、年齢を期限のように感じる必要はないと心から思えたときにこそ、本当の意味で自分らしく前に進んでいけるということを描いたストーリーです。

この動画の中に込められた“運命を切り開く力は常に、自分の中にある。年齢を何かの期限のように感じる必要はない”というメッセージに、多くの女性が勇気づけられているのです。

→プロフィギュアスケーター荒川静香さんのコメントはこちら

 

アジア女性の7割以上が「セルフプレッシャー」に悩む!?

現代の女性は、昔に比べて様々な“生き方の選択”ができるようになってきました。とはいえ、だからこそ悩むことが多くなったのも事実。

新しい年代に入る節目の年齢では、色々と悩みは出てくるものですが、特に20代は充実感と焦りの間で葛藤する人が多いようです。実際に、今回の調査では、20代の6割以上が「毎日充実しているけれど、このままなんとなく時間が過ぎることが不安」と回答しており、この割合は他の世代に比べて最も高い結果となっています。

また、『美レンジャー』の過去記事「将来“後悔しないため”に今やっておきたいことベスト3【20代編】」でも、“20代でやっておきたいこと”として、「とにかくスキルを高めること」や「趣味をとことん楽しむこと」という声が挙がっており、公私ともに新たなステージを迎えるであろう30代に向けて「今のうちに!」と何かしら意気込む様子が見られます。

キラキラ輝く毎日を送る一方で、「30代はこのままではいられない」とどこか焦りやプレッシャーを感じているアラサー女性の姿が見て取れますね。

しかしこういったプレッシャー、SK-Ⅱが世界11カ国で行った調査では、実は「自分自身の思考が影響している」とアジア女性の7割が回答しています。動画で描かれていたように、迫ってくる周囲の期待。もしかするとそんなことは気にしなくていいと心のどこかで分かっている。それでも、なかなかその声から逃れることができずさらに自分で自分にプレッシャーを課してしまう……そんな心境になったことがある方、多いのではないでしょうか。

 

30歳は怖くない?先輩たちの言葉は…

それでは、実際に30歳という節目を乗り越えた先輩たちは、“30歳”を振り返ったとき、どう感じているのでしょうか?

女優・モデルの山田優さんは、30歳にさしかかった頃、やはり将来に不安を覚えたけれど、ちょうどその時期に今の旦那さんと出会い、彼の生き方を見て、年齢にかかわらず挑戦はずっとできるのだと気づいたそう。そして歳をとることは怖くないと思えるようになったと言います。「怖がっていると見えるものも見えなくなるというか、自分から選択肢を勝手に狭めてしまったりとか。年齢相応の楽しみ方があるはず。私はそれをみつけようと日々生きています」

ブロガー・作家のはあちゅうさんは、以前は30歳くらいで結婚したいと漠然と考えていたけれど、20代後半で価値観が変わったそう。「みんなと同じ人生を漠然と選ぶのではなく、あえて違う道を進んでみると、みんなには見えないものが見える人生になると思います」と心強いエールを送っています。

→大宮エリーさん、安藤美冬さん、湯山玲子さんからのコメントも!

また、『美レンジャー』の過去記事「女性500人の答え!“年齢を重ねるって悪くない”と思えたこと1位は」では、30歳以上の女性500人に、「年齢を重ねるって素敵!」と思える理由について調査した結果を紹介。TOP3には、以下の理由が並びました。

3位:自分のコンプレックスを受け入れられるようになった

2位:多様性を受け入れられるようになった

1位:他人の意見に振り回されない、自分の気持ちがブレなくなった

「年齢を重ねるって悪くないかも」と思わせてくれる言葉ばかりですね。「自分は自分」と考えて他人と比較しない、みんなと同じである必要なんてないと心から理解する。そういう心持ちでいることが、年齢やまわりに左右されることなく、大人の女性として素敵に生きる秘訣なのでしょう。

 

『SK-Ⅱ』が動画を通して伝えたい想いとは

「決められた期限なんてない。私の人生は、私が決めるもの」

“運命を、変えよう。~#changedestiny~”をブランド哲学に掲げ、人はその意思と努力で、運命を変えることができる、と信じ、人生を前向きに切り開く女性を応援してきた『SK-II』。

今回の動画『期限なんてない』というタイトルには、「運命を変える力は、あなた自身の中にある。誰かに決められた期限なんてない」と女性を強く応援する『SK-Ⅱ』の想いが込められています。

周囲から、または自分自身が知らず知らずのうちに与えてしまっている大きなプレッシャー。その呪縛を乗り越える勇気を持てたとき、すべての女性が自分らしく輝き、多様な生き方を選び取ることができるということを伝えてくれる動画です。ぜひ見てみてくださいね。

 

年齢を重ねることに不安を感じるより、“いくつになってもその時を楽しめる”、そんな女性が素敵だと思いませんか? 周りに流され過ぎず、自分に自信を持って前向きに人生を歩んでいきたいですね。

 

【参考】

『期限なんてない』-SK-Ⅱ

Sponsored by SK-Ⅱ