フルメイクがたった5分で完成!「時短メイク」のコツは塗り方にあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「あ〜間に合わない!」疲れた日の翌日など、ついギリギリまで寝てしまうことってありますよね。「でも、ドすっぴんで出かけるなんて……」その気持ちもよくわかります。「ファンデを優先すべきか、眉をしっかり描くべきか……」そんなことを考えている間にも時間は過ぎていき、余計に焦ってしまいます。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、寝坊した朝でも5分で完成する“時短フルメイク”をご紹介します。コスメの塗り方にもポイントありです!

 

ファンデは「スキンケア塗り」(2分)

時短には、簡単にツヤを確保できるリキッドファンデを使います。教科書通りの“顔の5か所に置いて……”などはせず! 化粧水を塗るように両手に広げ、顔を包み込むように一気に塗り広げていきましょう。ファンデーションが手の体温で温まり、細かい部分は指先を使えるため、意外とキレイに塗れるんです。

フィニッシュパウダーを全体にしっかりと重ねてしまうと、せっかくの素肌感がなくなってしまうので、仕上げは、Tゾーンやアゴなど、テカリが気になる部分にのみのせればOKです。最後にもう一度両手で顔を包み込み、コスメを肌に馴染ませましょう。

 

ささっとチーク&アイシャドウ(1分)

ファンデーションの流れのまま、クリームチークを両手の手指に取ります(人差し指、中指、薬指)。顔の中心から外側に向かって、トントンと左右同時に馴染ませていきましょう。余ったチークはまぶたの目尻に使っても可愛く仕上がります。

アイシャドウも指塗りです。ベースとなる淡いブラウンをとったら、まぶたにざっくりと塗り広げます。続いて、締め色のみ付属のチップを使ってください。アイラインを引くように、まぶたのキワ全体に引いたら、目尻から外側に2mmほどまっすぐ延ばします。そのまま、下まぶたの目尻から内側1/3にも線を引き、くの字の粘膜を埋めるように、指でぼかしてください。

締め色をアイラインのように引くことで、充分に“メイクをしている感”が出ますよ。

 

仕上げにまゆ毛&リップ(1分)

眉は全体の形を描こうとはせず、毛と毛の間を埋めるように、すき間が見える部分だけを埋めていきます。自眉がしっかりある方は、これでOK。黒いままの地毛眉だと重く感じる場合は、眉マスカラを軽くつけましょう。

“目尻の眉がない”など、見た目に違和感が出てしまう場合は、その部分のみ濃いめのアイブロウで描き足すと良いです。

リップは、細かい部分にも対応しやすいクレヨンリップがおすすめ。唇に色が入ることで一気に華やかさが増すため、時間がないときでも必須のアイテムです。

 

余った1分で全体のバランスを見る

ここまでの工程で4分! 最後の1分は、鏡を少し遠くに離し、足りないところを見ていきましょう。筆者のおまけメイクは以下の3つです。この中のどれかをコンディションによって選んでいます。

(1)すだれまつ毛

ビューラーでまつ毛を上げるのにはどうしても時間がかかってしまいます。そこで、最近のトレンドでもある“すだれまつ毛”を目指しましょう。すだれまつ毛は下を向いたときにまっすぐ伸びるふさふさ感が魅力です。ビューラーは使わずに、根元からマスカラを塗っていきましょう。

(2)下まぶたメイク

下まぶたは、デカ目になれる重要パーツ。下まつ毛にマスカラを塗るもよし。涙袋部分に淡いピンクを少量いれれば、涙袋がふっくら見えて目の縦幅も確保できます。

(3)コンシーラー

ファンデーションだけではどうしても隠し切れないシミやクマもありますよね……。コンシーラーのポイントは、肌の色より1、2トーン暗い色味を使うことです。明るいコンシーラーでは、肌悩みが透けて見えてしまうことが多いですが、シミに近い色味を使うことで、簡単に隠すことができますよ。

 

以上、“5分で完成時短フルメイク”でした! 時間のない中で、顔のどこにメイクをするか迷ったら、思い切ってフルメイクをしてしまいましょう。慣れてくるとどんどん時短が得意になっていきますよ。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

「ゲっ…シミ!」の前に超速ケア!美肌女子がこっそりしてる簡単ケアが判明

うっかり焼けも余裕!今年の夏は「飲む日焼けで止め」をプラスして白肌キープ!

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】