その終わり方…危険です!「おうちヨガ」で守るべき3ステップとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ちょっとサイズアップしてしまった体、“自宅ヨガ”でサクッと解消したいと思っている方も多いのでは? スタジオに通う時間や費用もかからず、手軽にできていいですよね。

ですが、自宅ヨガを始めてから「体が痛む」、「むしろ凝るようになった」という声が、インストラクターの筆者の元に聞こえてくることも……。その一因には、ヨガを正しい流れでおこなっていないことが挙げられます。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、“自宅ヨガをする際に守りたい3つのステップ”をお伝えします。

 

1:体を温めてからスタート

ヨガの前に忘れてはいけないこと。それは体を温めて動かす準備をすることです。準備せず、すぐに目的のポーズを取る方がたまにいますが、体に張りや緊張・力みがある状態でポーズを取ってしまうと体を痛める原因になります。

また、可動域が狭まって効果が表れにくくなりますし、何より気持ちよさを感じることができません。

まずは、“ストレッチ”をして体を温め、体を動かす準備をしましょう。

 

2:温めたら締める

しっかりと体を温めたら、ここからが本番。眠っていたインナーマッスルや気になるパーツ周辺の筋肉にアプローチする“締める系”のポーズを取っていきましょう。

ポーズ数については、特に決まりはありません。その日の体調や気分に合わせて行いましょう。ただし、頑張りすぎは禁物です。「やり切った!」の一歩手前くらいでフィニッシュしましょう。

 

3:最後はリラックス

「締める系のポーズを取ったら満足」と、そのまま終了してしまう方も少なくないでしょう。でも実はこれ、あまりオススメできないNG行動です。その理由は、鍛えたままで終えると、筋肉が凝り固まって硬くなってしまうから。

最後は、全身の力を抜いて仰向けでくつろぐ“屍(しかばね)のポーズ”など、“リラックス系”のポーズをとり、クールダウンして締めくくりましょう。しなやかな筋肉をつけるためにも、必ず取り入れてください。

もう一つ気をつけたいのが、“背中を反らせた状態で終わらない”ということ。ヨガのポーズでは背中の反りが大きいものがありますよね。このとき、腰には少なからず負担がかかっています。腰痛を予防するためにも、最後は背中を丸めて横になるなどして、反りを和らげてあげましょう。

 

ヨガは、ポーズを覚えればインストラクターなしでもおこなえます。ですが、基本を忘れて自己流になってしまうと、体によくない影響も及ぼすことも……。上記の流れに沿って、安全に効果的に自宅ヨガを楽しんでくださいね。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

「ゲっ…シミ!」の前に超速ケア!美肌女子がこっそりしてる簡単ケアが判明

うっかり焼けも余裕!今年の夏は「飲む日焼けで止め」をプラスして白肌キープ!

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】