たった5呼吸で…ほぐれる~!肩こりに「針の糸通しのポーズ」が効く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

連休後、山積みになった仕事に追われ「リフレッシュした体が早くもバキバキ~」という方は少なくないでしょう。そんなツライ肩こりをほぐすのにオススメなのが、ヨガの“針の糸通し”のポーズ。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が、肩こり解消に効果的な“針の糸通し”ポーズについてお伝えしていきたいと思います。

 

肩こりに効くポーズとは?

脇の下に腕を通す動きが針の糸通しのようだということから名付けられたこのポーズ。床につく方の肩も、天井に向けて腕を上げている方の肩にも適度なねじりが加わるため、心地よさを感じながらほぐすことができます。

上半身のねじりが内臓を緩めることから、消化機能を促進する効果にも期待できるといわれているポーズです。

 

「針の糸通しのポーズ」プロセス

(1)床に四つ這いになる

(2)息を吸いながら右腕を肩の高さまで上げたら、右手のひらを上に向ける

(3)息を吐きながら右腕を滑らせるように体の下をくぐらせ左脇の下へと通し、右のこめかみと肩を床につく

(4)全身の力を抜いたら、次の吸う息で左腕を天井に伸ばし、目線も上げて、鼻呼吸を5回繰り返す

(5)四つ這いの姿勢に戻ったら、反対側も同様に行う

 

ポーズを取るときの注意点

“針の糸通しのポーズ”を取って、肩こりが改善するどころか痛めてしまったなんてことにならないように、下記の項目には注意しましょう。

(1)四つ這いの時点で背中が反っていると、ねじりが加わったときに腰を痛めやすくなります。お腹を内側に引き入れるようにして、背中が平らな状態からスタートしましょう。

(2)針の糸通しのポーズは、肩や背中を重力にあずけて緩めるポーズです。力みがあると、反対に痛めてしまう恐れがあるので、力を抜いて行いましょう。

(3)腕を天井に伸ばすことで、ねじりが強くなります。肩や背中に痛みがある方は、プロセスの(3)でキープしましょう。

 

筋肉が固まっている起床後や、仕事で疲れて帰ってきた夜など、自宅でリラックスしながら5呼吸ずつ行ってみてください。肩のこりがホロホロほぐれて心地よさを感じられると思いますよ。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

シャンプーしながら美髪&小顔!今夜スグ始めたい「頭皮ケア」マッサージ

うっかり焼けも余裕!今年の夏は「飲む日焼けで止め」をプラスして白肌キープ!

まばたきでロックオン!目元で呼び込む「女の色香アイカラー」テク3

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】

春は「ベランダ」で夫婦円満!? 次の休日に始められるお手軽オススメアイテム – VenusTap