準備の仕方が違ってた!? プロが指南「婚活を成功させるための3つの分析」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

婚活迷子の女性たちはこぞって「出会いの場がない」、「いい男性がいない」と嘆いていますよね。けれど、婚活がうまくいかないのは本当に“まわり”のせいなのでしょうか?

リアルな婚活事情に詳しい恋愛カウンセラーの内山あいみさんによると、婚活を成功させるために重要なのは、きちんとした“分析”だそうです。そこで今回は内山さんに“婚活成功率を上げるための準備”について取材してきました。

 

1:自分の理想とする「幸せ」をイメージしよう

「婚活をする場合、まずは自分の“幸せ”とはどういうことかを考えることが大切。理想の相手のイメージで“年収”を条件にあげる女性は多いのだけれど、ただ高収入な数字を出すだけじゃなくて、自分の理想の幸せが、どの程度の年収があれば達成できそうかを考えることが大切です。

そのときに、“最低限これぐらい年収があれば大丈夫”とイメージすることがポイント」(内山さん、以下「」内同)

とにかくハイスペックな男性を闇雲に探すのではダメ。まず最初に、自分の思い描く幸せはどういうものなのかをきちんと整理してから条件を導き出すのが婚活テクニックにおいては大切なのだそうです。

 

2:憧れの男性が生息しているのはどこ?

「自分の幸せ像がイメージできれば、次はそれに見合う男性像を想像してみましょう。俗にいう“出会いの場”は色々あるけれど、実際自分が望むスペックの男性がいるのは、自分が出会いを求めて訪れている場と全然違うフィールドだったりしますよ。

例えば、飲みに行くとき、いつもと同じ地域ばかりに出向いていても出会いは広がりにくいものです。出会いの場を広げたいのなら、憧れの男性が来ていそうな場所に狙いを絞っていくべきです」

まずは憧れの男性を明確にイメージして、彼らが“生息”していそうな場所へ積極的に出向くことが大切なんですね。

 

3:自分をどうブランディングするか

「婚活は就活と同じだと考えていいです。まずは自己分析をして、次に相手の分析、そして最後に自分をどうブランディングしていくかが重要になってきます」

ここでのブランディングとは世間一般的な“モテ”ではなく、憧れの男性に好意を持たれる女性像を指すそう。

「世間でいわれている一般的な“モテファッション”や“モテ仕草”はあくまで、平均的な男性への対策でしょう」

憧れの男性に好かれるような女性になれるよう、自身をブランディングすることが重要。ファッションや髪型、メイク……どんなタイプが自分の理想の男性にウケるのか、しっかり研究することが婚活成功のカギだそうです。

 

内山さん曰く「ただなんとなく婚活している女性と、しっかり自分の“幸せ像”を思い描いて婚活している女性では、結果に差が出てくる」のだとか。出会いがないと嘆く前に、自分の心とよく相談してみましょう。

 

【取材協力】

内山あいみ・・・恋愛カウンセラー。心理学、恋愛心理学などで女性のhappyの手助けをしている。NTTぷらら光TV出演、恋愛コラムの執筆の経験もあり。