「朝ごはんの前or後」どっちが正解?朝ヨガをやるときの注意点4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

朝にヨガを行うと心も体もシャキッと目覚めますよね。ですが、“朝ヨガ”にもルールがあり、ただヨガをするだけでは、本来得られるはずの心地よさや活力が湧いてこないことも。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が、“朝ヨガをする前の注意事項”を4つお伝えしていきたいと思います。

 

1:排尿を済ませておく

ほとんどの方は、起きたらすぐに排尿を済ませると思います。しかし、なかには「後でトイレに行けばいいや」と、後回しにする方もいるかもしれません。

ヨガでは、腹部をねじったり屈曲したりするヨガのポーズも多いため、これらのポーズの最中に尿意を感じてしまうことも。これでは心地よさどころか不快感を感じてしまう原因に。

朝ヨガの前は、排尿を済ませておくようにしましょう。

 

2:歯磨き・舌磨きをしておく

約5,000年前にインド・スリランカで発祥した伝統医療“アーユルヴェーダ”。このアーユルヴェーダでは、眠っている間に体内の毒素が口内に排出され、その出口が“舌”にあると考えられています。

歯磨きや舌磨きをして、口内を清潔にしてから朝ヨガを行うようにしましょう。

 

3:朝食を食べる前に行う

上記でもお伝えしたとおり、ヨガではお腹周り(内蔵)を刺激するポーズをたくさん取ります。そのため、食後に行うと気分が悪くなることが。朝食を摂る習慣がある方は、ヨガが終わった後に摂ることをオススメします。

ただし、ヨガで刺激されるため内臓はその働きが活発化しており、飲食物の吸収率が高い状態。油っぽくない物や消化にいい物を腹7~8分目まで摂る程度にしておくとよいでしょう。

 

4:無理に習慣化しない

いくら心身にいい効果に期待できるからといっても、「ヨガをしなきゃ」という思いがストレスになってしまっては元も子もありません。朝はバタバタと忙しい時間。「ヨガをする時間を確保できない」なんて日もあるでしょう。

また、「ヨガの後にアレもコレもやらなくちゃ」という気持ちがあると、落ち着けなかったり、イライラしたりしてしまいます。そんな日は朝ヨガをお休みしてみては。

自分の生活の中に自然と溶け込むように、無理なくマイペースで行うことが大切です。

 

「朝ヨガの効果を感じられない」または「朝ヨガの魅力がわからない」という方は、上記の項目を改めてみるといいかも。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

春顔がキマらないのは…マンネリ肌のせい!? 印象激変「格上げ美肌」のつくり方

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

毛シャンプーしながら美髪&小顔!今夜スグ始めたい「頭皮ケア」マッサージ

持つだけで「女度UP」の婚活コスメ!星占いのエッセイで人気の・石井ゆかりさん監修のカードが気になる!

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】