おなかズドーン…はヨガで緩和!「生理痛を和らげるポーズ」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

痛みの強さや期間など個人差はあるにしろ、ほとんどの女性が“生理痛”を経験したことがありますよね。あの鈍い痛みをなんとか薬に頼らずに改善できたらと望む方も少なくないはず。

そこでオススメしたいのが、次の3つのポーズ。ヨガインストラクターの筆者が“生理痛を和らげるのに効果的なポーズ”を紹介します。

 

■1:カメのポーズ

股関節を外に開き、前屈していくカメのポーズには、骨盤周りの血流を改善して生理痛を和らげる効果が期待されます。

【カメのポーズ・プロセス】

(1)床に足の裏同士をつけた合せきの姿勢で座る

(2)かかとから恥骨までの距離を足1足半~2足分に広げたら、手のひらを下にしてふくらはぎの下に置く

(3)息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら手を前に滑らせて前屈していく

(4)額を足につけるようにして、鼻呼吸を5回繰り返す

 

■2:扇のポーズ

開脚をして上体を左右に側屈する扇のポーズもまた、下半身の血流を改善する効果に期待されています。凝り固まったお腹周りを伸ばしたり縮めたりすることで、気持ちよさも感じられるでしょう。

【扇のポーズ・プロセス】

(1)床に座ったら、足を左右に大きく開く(開脚がツラかったら、無理に足を大きく開かなくてもOK)

(2)ひざ裏をしっかりと床につけ、つま先は上を向ける

(3)息を吸いながら両腕を上に伸ばして指を組んだら、手のひらを返す

(4)息を吐きながら上体を右に倒して、鼻呼吸を5回繰り返す(前に倒れないように)

(5)息を吸って上体を中央に戻したら、反対側も同様におこなう

 

■3:お腹周りを解放するポーズ

生理痛がツライと体は前かがみになりがち。すると、お腹周りがうっ血してしまい、さらに生理痛を悪化させる恐れも。家にあるクッションや抱き枕を活用して、お腹周りを楽に解放してあげましょう。

もし、長いクッションや抱き枕がなければ、丸めた布団・毛布で代用してみて。

【お腹周りを解放するポーズ・プロセス】

(1)クッションを縦に置き、先端を20cmほど高くする(雑誌や本を重ねて)

(2)クッションを太ももで挟むようにして、その上に上体を預ける。顔は左向き(高くなっている方に頭がくるように)にし、両手は手のひらを上に向けて自然な位置に下ろす

(3)鼻呼吸を5回繰り返す

 

生理痛にお悩みの方は、ぜひご自宅で試してみてくださいね。ただし、痛みが改善しないようであれば、医師に相談を。子宮の病気が隠れている可能性もあるので、ひどい生理痛は放置せずに診察を受けることをオススメします。

 

【関連記事】

 生理前は化粧水たっぷりで!ジェシカ流「生理周期に合わせた美容法」

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ げっ…きちゃった!生理中のヨガ「してもいいorダメ」講師の答えは

※ 寝る前の「www」でクヨクヨ撃退!生理前も前向きになれる魔法とは

※ つま先立ち5秒が効く!ズーンと重い「生理痛」が和らぐ神ストレッチ

 

【おすすめ記事(PR)】

春顔がキマらないのは…マンネリ肌のせい!? 印象激変「格上げ美肌」のつくり方

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

毛シャンプーしながら美髪&小顔!今夜スグ始めたい「頭皮ケア」マッサージ

持つだけで「女度UP」の婚活コスメ!星占いのエッセイで人気の・石井ゆかりさん監修のカードが気になる!

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】