老け髪、あきらめない!うる髪美人の「頭皮からエイジング」ケアって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

髪の毛が思い通りにならないと、イライラしますよね。色々なヘアケアを試してみても、いまいちしっくりこない。ツヤやハリもないし、パサつくのにボリュームはダウンしている……、もしかして、それって髪の“エイジングサイン”かもしれません!

髪型がキマらない日が増えていたとお嘆きの方へ、今回は美容ライターの筆者が、髪と頭皮のSOSサインについてお伝えします。

 

■髪の「エイジングサイン」3つのバロメーター


(1)頭皮がかたい!
頭を触ってみると、頭皮がかたくなったと感じることはありませんか? 頭皮がかたい=凝っている状態なので、滞りがあるということです。血流が悪いと栄養分が頭皮に十分に行き渡らず、髪トラブルのもとになる可能性があります。また、頭皮の色も一つのバロメーター、健康な頭皮は青白い色をしています。

→うねり・ボリュームに…話題のシャンプー!

(2)うねりが気になる
「これはうねりなのか、くせ毛なのか……」とお悩みでしたら、それもエイジングサインかもしれません。うねりと同時にパサつきも気になりませんか? 紫外線や生活環境、エイジングなどで頭皮の乾燥が日常的になっていると、うねりの原因になることがあります。

(3)ボリュームが出ない
根元のボリュームが減ってペタンコに見えるとヘアスタイルもなかなかきまりませんよね。髪質だからと諦めなくても大丈夫。髪が痩せる原因を解消することで、根元からふっくらするヘアスタイルをキープできます。まずは頭皮にしっかりと栄養を与えてあげたいですね。

このように髪のエイジングサインは頭皮の健康が影響していることが大きいのです。ならば、まず行いたいのは頭皮のスペシャルケアです!

 

■シャンプー&トリートメントだけじゃなく…「クレンジング」がキモ!

髪の健康状態が気になる方に、ぜひ使っていただきたいのが、『ココパーム』のヘアケアアイテム。『ココパーム』はスカルプ(頭皮)エイジングケアのためのヘアケアシリーズで、頭皮専用のクレンジングジェルとシャンプー、トリートメントの3アイテムで、さらさらふわふわの美髪を叶えます。

美容ケアに使われる南洋植物エキス・オイルをふんだんに使用しているだけではなく、頭皮と髪に優しい植物由来の洗浄成分を用いており、無添加処方なのも嬉しいポイントです。

もっとも特徴的な頭皮専用の『ココパーム ホットクレンジングジェル』は、温感処方。96%がうるおい効果のある成分なので、頭皮のうるおいをキープしながら、毛穴に詰まった皮脂をクレンジングしてくれるんです。頭皮マッサージをより効果的にしてくれますよ。週1~2回の使用でOKです。

 

■ここちよさ…サロン級!栄養分をぎゅっと濃縮させたヘアケア

『ココパーム ナチュラルシャンプー』には、高価であるがゆえに少量しか配合されないことが多いココナッツオイル由来のアミノ酸系洗浄成分を100%配合し、クッションのように濃密な泡立ちで髪と地肌を洗い上げます。ノンシリコンなのに洗いやすく、滑らかな指通りなのが嬉しいですよね。

また、『ココパーム ナチュラルトリートメント』には、髪ダメージとエイジングケアの観点から髪内部の組成に近い毛髪補修成分を高濃度に配合。栄養分を髪内部に与えることでハリ・コシ感、保水力を高め、アルガンオイルやバオバブ種子油など貴重なオイルが艶感を与えます。

 

日本国内では『ココパーム』は店頭販売限定のため、“知る人ぞ知る”存在のヘアケアですが、アジア圏ではダントツの人気を誇っています。アロマセラピストが監修した上品で気品のあるネロリの香りも人気の理由のようですよ。
髪のエイジングサインが気になる方、さっそく美髪のサイクルを整えるヘアケアを始めてみませんか?
【参考】
美しさは頭皮ケアで目覚める – ココパーム

Sponsored by サラヤ