ボディタオルvs.手洗い「ボディにイイ」のはどっち?意外な落とし穴2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

紫外線のダメージを受けた肌にすぐ訪れる乾燥シーズン、お風呂上りにクリームやオイルをたっぷり塗っているから「ボディケアは完ぺきなはず!」と思っている方が多いのではないでしょうか。

でも、その塗るケアの前に気をつけていただきたいのが、洗うステップ。お風呂でカラダを洗う時、皆さんは何を使いますか? タオルで洗ってスッキリする派がいる一方で、お肌への優しさを考えて手のひらで洗う派の方もいますよね。タオル洗いの方が角質や汚れをスッキリ落とせそうだし、手のひら洗いの方がゴシゴシしないで済むし……本当にお肌によくて全身うるツヤボディになれるのは、一体どっちなのか……。気になりますよね。

この“タオル洗い派”vs.“手のひら洗い派”の永遠のテーマについて、どうやら答えが出そうなんです。

 

■タオル洗いor手のひら洗いどっちがイイの?

ボディの皮膚は顔よりも厚さがあるとはいえ、丁寧に洗わなければ傷つきやすいデリケートな存在。

肌あたりの硬いタオルでゴシゴシ洗うような、強すぎる摩擦はお肌の角質を傷めてしまい乾燥肌や敏感肌を招く原因のひとつになることもあります。もし、乾燥やかゆみなどが気になっているなら、そのタオルによるゴシゴシ洗いの摩擦が刺激になっているのかも……! 決まった場所を毎日こすっていると色素沈着の原因になることもあるのです。

とはいえ、タオル洗い派の方は、手のひら洗いでは味わえない“スッキリ感”が気持ちよくてなかなかやめられないですよね。でも、ということは、やっぱり手のひら洗いのほうがお肌のためにはイイのでしょうか!?

 

■泡で手のひら洗いの落とし穴2つ

「泡タイプの洗浄料を使って手のひらで洗うのが肌にやさしい」というのは間違いではありませんが、じつは“洗い残しが発生する”という別の問題が起こりやすいことも。

そう!泡で手のひら洗いでは忘れがちな“落とし穴”があるんです。そこで、手のひら洗いの落とし穴を2つご紹介しましょう。

肌本来の潤いを守りながら汚れを落とす「正しい洗い方」が気になる方はコチラ

<手のひら洗いの落とし穴2つ>

(1)手が届いていないところがある

手のひら洗いをするとき、背中までくまなく洗えていますか? 体の真ん中には皮脂が多いので背中はニキビが発生しやすいパーツ。でも、手の長さには限界がありますから、手のひら洗いで届いていない可能性が高いのです。

(2)軟膏やワセリンはなで洗いだけではおちない

潤いボディのためにワセリン系のコスメを使っていたり、吹き出物ケアのために軟膏を塗ったりしている場合、優しく撫でるだけの手のひら洗いでは落ちないリスクが高くなります。

酸化した油は雑菌を作りやすいので、肌に悪影響を残してしまい、さらなる肌荒れを招くリスクが高まってしまうのです。

もし、毎日肌に負担をかけないように“手のひら洗い”をしていたり、軟膏や保湿剤を塗っているのに、乾燥やかゆみなどが気になっていたり、特定の部位にニキビなどの肌あれが起こりやすいならば、洗い残しリスクが発生しているのかも。ご自分のケアを振り返ってチェックしてみてくださいね!

 

■ゴシゴシ洗いはしたくないけれど、手のひら洗いの洗い残しリスクも怖い。

この課題を問題視しているのが『ミノン』です。

ミノンは、洗うタイミングから肌にマイナス要素を与えないように意識を向け、肌荒れの原因になっている“保湿不足”の根本原因を考えているブランドです。「優しく洗う」ことは大切だけれど、同時に「正しく洗う」ことが必要という原則を徹底して追及しているんだそうです。

例えば、“手荒れ”の原因と対策からイメージしてみてください。乾燥しやすい肌質の方が、刺激の強い食器洗剤や熱いお湯を使っていると、あっという間に手荒れを招きますよね。ハンドクリームを塗ることも大切だけど、洗剤を見直したり手袋などの道具を工夫したり「洗うことを肌への刺激にしないこと」が根本解決への近道です。

ボディの肌荒れ対策も一緒です。ミノン全身シャンプーは、「肌本来のバリア機能を守りながら汚れを落とす」ことで肌荒れを防ぐことを目指し、この考えからミノンシリーズは洗浄料や洗う道具にこだわっています。

 

■“タオル洗いと手のひら洗いのイイとこどり”叶うボディタオル

そんなミノンから、素材、使い心地、肌へのやさしさにこだわりぬいて作ったボディタオルが新発売。全身うるツヤに導く、体にイイ洗い方を追求しています。

『ミノンやさしく洗う弱酸性タオル』はトウモロコシを原料とした植物由来のエコフレンドリー繊維(ポリ乳酸繊維)を100%使用していて、綿よりも泡立ちが良く、速乾性のあるのが特長。健康な肌と同じ、弱酸性です。手のひらで洗うのと同じくらい肌にやさしい洗い心地ながら、手のひらでは落としきれない“洗い残し”までしっかり落としてくれます。

表面はふわふわで肌あたりが優しく、裏面はスッキリとした洗い心地で違う機能を備えているので、2wayで使うことが可能! かかとやひじ・ひざなどの古い角質が気になるパーツは裏面を使えば気になっていた角質ケアにもつながるんです。

今晩の入浴から“タオル洗いと手のひら洗いのイイとこどり”をしている『ミノン』のボディタオルを使って、“正しく”洗うケアに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ 洗う保湿ケア – ミノン

 

【画像】

※ Refat,Avesun / Shutterstock

 

Sponsored by 第一三共ヘルスケア