顔色ワルッ!流行だけど「ブルーアイメイクで大失敗」落とし穴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今年の夏メイクには、久しぶりにブルー系のアイメイクが流行を迎えています。暑~い夏に涼しげな目元を演出できるし、数年間ブラウンメイク一辺倒だった方も手軽にイメチェンも狙えてイイですよね。

でも、ブルー系のメイクって意外と失敗しやすいカラーなのも真実。あなたの周りにも、ブルー系メイクに変えた途端に、老け顔が加速しちゃった女性はいませんか……?

そこで今回は、時短美容家の筆者が、ブルーアイメイクで失敗する女性の危険な特徴を3つご紹介しましょう。せっかくのイメチェンでオバ顔になっていたら、大ショックです!

 

■特徴1:アイシャドウの範囲が広い

寒色系のアイシャドウを広い範囲に入れてしまうと、顔色が悪く見えて老け顔につながります。ブラウン系やピンク系の暖色系シャドウと同じ感覚でメイクしてしまうと、寒色は顔に青みを足しすぎてしまうことに……!

なので、ブルー系を使いたいときには暖色系メイクよりも小さい範囲に塗るのがポイントです。

たとえば、二重の女子ならば、二重の幅ギリギリ程度に収めるようにすれば、ブルーが強すぎて顔色が悪く見えるデメリットを最小限にできますよ。

 

■特徴2:メイク下手が目立つ

肌色は、基本的にイエローやピンクなど大きな意味で暖色系。そこに寒色系のブルーをのせると、ブラウンやピンクをのせるよりも際立って映りますよね。

なので、寒色系アイシャドウのデメリットとして、メイク下手が目立って残念な仕上がりが際立っていることもあるんです! シャドウをのせるのに左右が対称になっていなかったり、ブルー系のアイライナーのヨレが目立ったり……。

そう、ブルーメイクはメイクのテキトーさが目立ちやすい色味で、丁寧なメイクが求められているんです。

急いでいる朝には、左右がチグハグになっていたりライナーがヨレたりしがち。メイクの腕に自信がナイ場合には、ゆっくりメイクできる日に丁寧に仕込むようにしてみて。

 

■特徴3:肌の色が濃く面長の女子は老け顔になりやすい

まさに筆者がそうなのですが、肌の色味が濃く面長タイプの女性はブルーメイクが浮いてしまって、老け顔を加速させる傾向にあるよう。

とくに、濃いブルーをのせてしまうと一気にメイク自体が濃く見えてしまい、さらに顔色が悪く見える効果によって、面長が強調されているかのように!

なので、面長女子がブルーメイクをするならば淡いブルー、つまりパステル系のブルー、または深海のようなネイビー系にしたほうが無難です。

中途半端なブルー色よりも淡い色味か、深い色味に徹底し、淡いシャドウの上にネイビーのような深いブルーのライナーをのせると、メリハリが効いて老け顔を予防できます。

 

どんなに流行のメイクでも、似合わなければ意味がナイですよね。ブルーアイメイクにしてから「具合悪いの?」と聞かれる回数が増えて悩んでいた女子は、工夫してトレンドを取り入れてみて。

 

【関連記事】

※ ミランダに前田敦子も!猫目に夢中「ヴィンテージアイライン」の描き方

※ ランチ後が大事!夕方の+5歳「オバ老け顔」を防ぐ時短ケア3つ

※ 上品メイク…なのに彼ドキッ!実は最強「ナチュラルな色気」の作り方

※ 逆効果です!奥二重さんの「目が小さく見える」アイラインのNG3つ

※ 1位宮崎あおい!「えくぼが可愛い芸能人」2位は奇跡の45才…

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 自宅でエステ級のケア!毎日のカミソリ処理を解消「セルフ光ケア美容」って

1日たった21円!? 痩せ子がごくごく飲んでるドリンクって?

すべてをカバーし、崩れない!トレンドのハーフマット肌はこう作る!

美容皮膚科ドクターにきく「化粧ノリが劇的によくなる方法」

あぁ彼がゲンナリ…どんどん引かれる「女性の身だしなみ」悲しいNG共通点3つ

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

 

【姉妹サイト】

※ 家でスタバの抹茶フラペチーノを再現できる!話題のフローズンメーカー

※ 週末作って平日ラクチン!5分で完成のお手軽「常備菜レシピ」3つ

 

【画像】

※ KULISH VIKTORIIA /Shutterstock