メイク直し0回!? 「朝のつけたてファンデ」をキープするメイクテク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

女子はみんな思っています。「朝、メイクしたての肌を一日キープできたらいいのに」と……。だけど、理想と現実のギャップは大きい! 夕方にはファンデがヨレて、目元のシワもほうれい線もくっきり。できることなら、もう1度メイクをやり直したいと感じている人も少なくないはず。

そこで今回は、あの朝のつけたてファンデを長持ちさせるテクニックをご紹介します。

 

■押さえておけばツヤ肌長持ち!ベースメイクの基本

(1)まずは基本!ファンデの厚塗りはもちろんNG

気になるシミやシワを隠そうと、ファンデーションを厚塗り。リキッドファンデーションだけでは足りず、さらに上からパウダリーファンデーションを重ねる。

これでは、ヨレ方も汚く、汗や皮脂で崩れやすくなってしまいます。さらに、肌ツヤが失われ、年齢よりも老けて見えがちに……。

(2)自分の肌わかってる?肌質・肌色に合ったファンデ選び

美しいベースメイクを長持ちさせるには、自分の肌質や肌色に合ったファンデーションをセレクトすることが最重要!

オイリー肌の方がツヤ感の強いものを使用すると皮脂と混ざり、メイク崩れの原因となります。一方で乾燥肌の方がマットタイプを使用すると、メイクノリがよくない、乾燥ジワを目立たせてしまいます。

(3)一日の中でも変化する肌の状態を知る

お昼は皮脂が多いのに、夕方には乾燥。私たちのお肌は時間と共に変化しています。

乾燥しがちな夕方には、部分用の美容液やミストでお肌にうるおいを補給するなど、時間に合わせてケア法を変えるのも有効です。

 

■肌にシンクロし、一日中キレイが持続する新ファンデーション

わたしたちのお肌の色や質感は千差万別。様々なブランドから多くのファンデーションが出ていますが、自分にピッタリのものを探すのは至難の業。お肌の状態にあわせてメイク、ケア方法を変えるのはお金も手間もかかるし……。そうお悩みの方もいらっしゃるのでは?

そこで今回ご紹介したいのが、一人ひとりの肌本来のいきいきとした肌色、ツヤ、明るさを引き出しながら、肌との一体感を持続させる新発想の「SHISEIDO」の『シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーション』です。

分泌された皮脂や汗を、ポリマーが強力にはじいてパウダーに吸着させ、化粧膜がゆるむことなく、つけたての美しさを長時間保ちます。同時に、皮脂量の変化に応じ光の反射を変えるパウダーが、肌の変化を捉えて光を最適化。テカリやぎらつきのない美しい肌感を実現してくれます。

さらに、天然植物由来成分が肌本来の機能をサポートし、肌状態を良好に保つスキンケア効果も。

 

■メイク直しが激減!筆者も実際に試してみました

メイク直しは1日3回。日中はあぶら取り紙が手放せないのに、夕方は乾燥が気になる……そんな混合肌の筆者が『シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーション』を試してみました。

肌にのせた瞬間、溶け込むようにピタッと密着。スルスルとなめからに伸びていき、気になるシミやシワはキレイにカバーされているのに、驚くほど軽く、素肌っぽいイマドキな均整な仕上がりに。くすみも目立たなく、顔色がイキイキと明るく見えるのも嬉しいところ。

そして、何よりもメイク直しが激減したことにビックリ! 最も気になるファンデーションの持ちも、夜まで崩れず活きいきとした肌感を1日中キープすることができました。

あなたの肌のよさを最大限に活かし、シンクロファンデで死角なしの美肌を手に入れましょう!

 

【参考】

SHISEIDO:世界88カ国で愛されている、資生堂のテクノロジーが結集したスキンケア・メーキャップブランド

 

Sponsored by SHISEIDO