隠したのに…隠れてない!目立つ「シミ」の上手な消し方3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

あるのとないのとでは、見た目年齢が大幅に変わる“シミ”。「ファンデーションやコンシーラーを塗っても隠しきれない」と頭を抱えている方はいませんか?

ですが、そんなお悩みも下記のテクニックを駆使すればどこへやら!

今回は、小さく点在するシミを目立たなくするメイクテクニックをご紹介していきたいと思います。

 

■1:まずは指先で

ファンデーションを塗ったらコンシーラーを指の腹に取り、シミが気になる部分にトントンと叩き込んでいきます。この段階では、“うっすらと乗せる”くらいの気持ちで。

 

■2:次はブラシで

点在するシミというのは、意外と色が濃く目立ちます。特に濃いシミが目立つ部分には、ブラシにとったコンシーラーを、シミより広い範囲に乗せて覆い隠します。

 

■3:最後はスポンジで

仕上げにはスポンジを使います。スポンジには何もつけず、2で覆った部分と肌を馴染ませていきましょう。

ゴシゴシこするとせっかくのコンシーラーが落ちてしまうので、上から軽く叩くようにしてください。

 

コンシーラーは、密着力・カバー力が高い舞台用のものがオススメです。憎きシミにお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

※ アイメイクより大事!「手抜きすると完成度ガタ落ち」3パーツ

※ OVER35メイクの絶対常識!シミシワ隠しは「コンシーラ2本使い」で

※ +3kgムクムク太って見える!たるみに歪み「顎トラブル」の原因習慣

※ ほうれい線よ…3月にはサラバ!「たるみに一撃」3つの簡単エクサ

※ 今すぐやめて!5年後…激ヤバ「目の下がシワシワになる」10のNG行動

 

【おすすめ記事(PR)】

【年齢肌】を本格ケア!話題のアイテムが1,200円で試せる

今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

シミ・そばかすの原因だった!? 今すぐやるべき「ブルーライト焼け」対策とは

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

【姉妹サイト】

※ なんと57%が経験アリ!? 増えつつある「ダブルワーク」の実態とは

※ 脈ありorただのヤリモク?顔を見たら一発で分かる遊び人の見抜き方

 

【画像】

※ Volodymyr Goinyk / Shutterstock