えっ…毎日食べてた!「夏でも冷え子」が好む摂り方注意な陰食材28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

こう暑い日ばかりだと、食欲は減退……。「冷たい食べ物や飲み物ばかり選んでしまい、体がヒエヒエ」という方は多いことでしょう。しかしなかには、「冷たいものは控えているのに、体が冷える」なんて声もチラホラ。

もしかしたらそれ、下記のような、“体を冷やす食材”を口にしているからかもしれません。

 

■体を冷やす“陰”の食材いろいろ

体を冷やす陰の食材は、次のとおり。

(1)野菜

セロリ、トマト、なす、きゅうり、じゃがいも、レタス、ピーマン、大根、アスパラガス、もやし

(2)果物

スイカ、メロン、いちご、みかん、バナナ他南国の果物

(3)主食

白米、パン、うどん、大麦、小麦、押し麦、はとむぎ麦

(4)飲み物

豆乳、牛乳、緑茶、コーヒー

(5)調味料

白砂糖、酢

陰の食材の特徴として、暑い地域で育つもの、水分が多いもの、背が高く育つもの、形が細長いもの(野菜の場合)があげられます。「これってどっち?」と迷ったときは、参考にしてみてください。

また、陰の食材でも、熱を加えて調理をすれば、体を温めてくれる“陽”の食材に近付けることができます。敬遠しすぎずに、バランス良く取り入れましょう。

「それでも冷えが取れない」「ひどい冷えに悩んでいる」という方は、次にあげる陽の食材を意識的に摂ってみると良いかも。

 

■体を温める“陽”の食材いろいろ

代表的な陽の食材は、れんこん、ごぼう、にんじん、しょうが、にんにく、かぼちゃ、栗、ざくろ、なつめ、もち米、黒米、紅茶、ほうじ茶、中国茶、黒酢などです。

寒い地域で育つもの、水分が少ないもの、背が低く育つもの、形が丸いもの(野菜の場合)が多いので、覚えておくと良いでしょう。

 

オフィスや電車、レストラン……冷房で体が冷えてしまう環境はたくさんあります。ツラ~イ冷えの症状に悩まされている方は、食事内容を見直してみるのも良いかもしれませんね。

 

【関連記事】

冷え地獄には自己防衛を!夏でも「カイロと腹巻」が有効なワケ

夏にうなぎは根拠があった!今さら聞けない夏バテになる本当のワケ

コレみんなやってるでしょ!実は怖い「夏バテを招く」NG生活習慣

※ リンパがスルスル流れる!「鎖骨美人」を作るセルフマッサージ

※ 「足もみ」でー10kgも!老廃物スルスル…むくみ解消美脚プログラム

 

【姉妹サイト】

※ うれしいオマケ付き!働く女性がウォーキングを「ゆる習慣化」すべき理由

※ こんなLINEはダメ!男性に「彼氏持ちかも」と疑われるNG行動とは