美容医療に詳しいプロが語る「美しい手」のポイント4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

世界中のスターやセレブが成功し続けるための秘訣って、何だと思いますか? それは個人の才能などの魅力に加えて、優秀なプロデューサー・マネージャー・演出家・ヘアメイクアップアーティスト・スタイリスト……、そして『美容皮膚科のドクター』に恵まれることだそう! 確かに。

……というわけで、最先端の美容医療に詳しい美容皮膚科医『あおいクリニック銀座』の院長・中野あおい先生のプレゼンテーションに出席。セレブと一般の方の美意識の差は、顔や体型の維持に気をとられてケアを怠りがちな“手元にある”なんてお話も。

 

そこで、つい先日モナコ公国で行われた『国際アンチエイジング学会』で、このあおい先生に“年齢を感じない、美しい手”について、ポイントを伺ってきたのでお伝えします!

意外と見られているのに、アンチエイジングの中でもおろそかになりがちな手元。ぜひ、ご自身の手をチェックしてみてください。

 

【美しい手の条件】

1. 指の節々が目立たない。

2. 手の甲がふっくらしている。

3. シミがない。

4. 血管が浮き出ていない。

日焼け止めクリームを手の甲に塗り忘れていませんか? 爪の甘皮部分の手入れはなされていますか? 手元に目を落とすと「夏もまだなのに、すでに日に焼けていた」、「乾燥がひどくてシワシワ」、「関節がゴツゴツしていてびっくり!」、という感想を持つ方も多いのでは?

アンチエイジングという言葉が一般に知られるようになって、エイジングケア化粧品の市場が拡大していることから、誰もが老化を恐れるということが分かりますよね。でも「顔は毎日鏡でじっくり確認してケアをしっかり行っているけれど、手のケアはおろそか」というのは残念!

美容医療のプロの定義に照らし合わせて、そろそろ顔やネイルだけでなく、手そのものの美しさに気を配ってみましょう。

 

【参考】

あおいクリニック銀座 美容皮膚科・美容内科