【今すぐ始める紫外線対策・後編】知っておくべき日焼け止め選びの基本

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では、紫外線の種類やそれぞれが肌に与える影響についてお伝えしました。

紫外線対策の基本といえば、日焼け止めをしっかり塗って紫外線から肌を守る』こと。でも、日焼け止めっていろいろ種類がありすぎて、どれを選べばいいかわからないという方も多いのでは?

今回は日焼け止めやUVカット化粧品に表示されている『SPF』や『PA』といった数値に注目しながら、選び方のポイントをお伝えします!

 

■UVカット化粧品に表示されている『SPF』や『PA』の意味は?

紫外線防止効果の目安となるのが、UVカット化粧品に表示してあるSPFやPAといった数値。いったいこれは何を表しているのでしょう?

【UV-Bの防止効果を表すSPF】

『SPF』は、UV-B(肌の表面に急激に作用して、赤みや炎症を引き起す)の防止効果を表す数値。一般的にSPF値×約20分が、紫外線防止時間の目安だといわれます。

例えばSPF30の日焼け止めをきちんと塗った場合、30(SPF値)×20分=600分(10時間)となるので、理論上は約10時間、肌が赤くなるのを防ぐことができるということです。でも、実際はなかなかそうはいきません。その理由は後ほど!

『SPF50+(SPF51以上)』が、日本化粧品工業連合会の統一基準で定められた上限値です。

 

【UV-Aの防止効果を表すPA】

『PA』は、UV-A(皮膚の奥深くまで達し、シミやしわの原因にもなる)の防止効果を表す数値。

『PA+』・・・効果がある

『PA++』・・・かなり効果がある

『PA+++』・・・非常に効果がある

の3段階に区分され、効果の度合いを『+』の数で表示しています。

 

■最大限活用するための、塗り方のコツ

ただし、このPAとSPFは『化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値』です。それだけの量を塗ろうとすると肌が白っぽくなってしまうので、実際に化粧品を使うときはもっと薄く塗ってしまうのが普通。

また、朝出かける前に日焼け止めをしっかり塗っても、汗をかいたりタオルで拭いたりしているうちに、紫外線防止効果は徐々に弱まってしまいます。

そのため、数値通りの効果を出したいならば、ムラなくたっぷり塗って2~3時間おきに塗り直すのが効果的です。

 

■日常生活では数値は低めでもOK。肌に合うものを選んで!

また、私たちはついSPF値やPA値の高い日焼け止めを選んでしまいがちですが、こうした数値の高い化粧品はそのぶん紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を多く含み、肌に負担をかけてしまう可能性も。必要以上の数値を求めるよりも、使用シーンとのバランスや肌との相性を考えた日焼け止め選びが大切です。

日本化粧品工業連合会のHP(※)によると、日常生活の散歩や買い物なら『SPF15・PA+』、屋外での軽いスポーツ・レジャーなら『SPF30・PA++』、炎天下でのレジャーやマリンスポーツなら『SPF50・PA+++』あれば十分となっています。

 

お手持ちの日焼け止め化粧品のSPF値やPA値も、さっそくチェックしてみてくださいね。また、顔に当たる紫外線は帽子や日傘などでガードすることも大切。今からしっかり体勢を整えておきましょう!

 

【参考】

日本化粧品工業連合会『日焼け止め化粧品の選び方』

 

【関連記事】

【今すぐ始める紫外線対策・前編】「UV-A」と「UV-B」の違いって?