「デスクでランチ」派が40%!悲しい昼休み事情が体重増加を助長

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、昼休みの休憩時間をフルに取れていますか? イギリスのあるアンケート調査で、ランチ時間を割いて仕事を頑張っている人が、急増している実態が明らかになりました。

でも実は、そんな頑張りすぎは心の健康のみならず、体重増加を促してしまうのです。昼休みもデスクにいる方、要注意ですよ!

 

昼休みを返上して仕事に励む現代人

イギリスのダイエットサプリメント会社が行った調査によると、現在、会社勤めの人のうち実に18%の人しか、昼休みの休憩時間をフルに毎日取っていないことがわかりました。10年前の調査では、85%の人がフルに休憩を取っていたのに対して、驚くべき変化です。

また昼ごはんを自分のデスクで食べるか聞いたところ、約40%が「毎日そうしている」と回答、「だいたいの日をデスクで摂る」と答えた人も20%になりました。

しかし、デスクでは食べないと答えた人のうち、20%は「15分以内にオフィスに戻る」と答え、さらに多くの人が、「30分以内にオフィスに戻る」と回答。「デスクでは絶対食べない」と答えた人は、たったの21%にしかなりませんでした。

 

デスクで食事派はジャンクフードに頼りがち

しかしデスクで食事を摂ることは、体重増加のリスクが伴うことを理解しなければいけません。というのも、この調査に答えた人のうち約半数が「ジャンクフードを食べている」と答え、60%が会社にある自動販売機でチョコレートやお菓子、炭酸飲料を買って飲み食いしているのです。

仕事で忙しいときはつい簡単にと考え、食事の内容もあまり吟味せず、コンビニや近くのファストフードで済ませてしまいがち。その上、パソコンの画面や資料を見ながら、ジャンクフードやお菓子を食べていると、どれだけの量を食べたか意識していないため、知らず知らずのうちに“食べすぎ”を招いてしまうのです。

 

仕事に頑張りすぎて、それと引き換えに太ってしまったら、女性として悲しいだけですよね。そうならないために、どんなに忙しいときでも”ながら食い”を避けられる、心の余裕を持っておきたいですね。

 

【関連記事】

特別なことゼロ!太ももに「スッキリ隙間」ができる生活習慣5つ

仕事中にできる!「ぽよ〜んとたるんだ二の腕」を引き締める方法

夕方に「疲れてる?」と聞かれない肌になる6つの即効テクニック

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

シワたるみ・月経不順の原因!「オフィス冷え」を撃退する方法

 

【参考】

Eating Al Desko Makes You Fat – My News Desk