美肌美人が欠かさないスキンケア新常識!ブースターの実力

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下地を塗布してからファンデーションを使うと、地肌の色むら・毛穴・ファンデのノリ、すべてが好調なフローレス肌に近づけます。それはファンデの実力を下地がサポートしてくれるため。実はその”下地”が化粧水にも存在しているのをご存じでしたか?

今回は『ブースター』と呼ばれる化粧水の前に使うことで美容成分を肌の奥深くまで届けることができる魔法のような美容液をご紹介します。今手持ちの化粧水がぐんぐん肌に浸透するようになりますよ!

 

■角質層まで美容成分を届ける役割

シミやシワの大きな原因のひとつは、年齢を重ねた肌が十分な水分量を蓄えることができなくなり、肌がたるみ始めることにあります。肌が十分潤っていることはあらゆる肌トラブルを防ぐことにもつながるのです。

そこでスキンケアの基本は、より長い間潤った肌状態を保つことに重点を置いています。あなたも化粧水で水分を与え、油分で蓋をしてその水分の蒸発を防ぐようにしていますよね。その化粧水が角質層まで浸透すればするほど、肌はぷるぷるに潤います。

しかし洗顔後にただ化粧水をつけるだけだと、角質層まで水分を届けるのは大変。そこで重要になってくるのがブースターの存在です。

肌表面を柔らかくし、化粧水が角質層まで届くように導入してくれるという、アンチエイジングの強い味方なのです。

 

■忙しい人でもすぐ取り入れられる超簡単な使い方 

朝晩の洗顔後に、化粧水を付ける前にお顔へ塗布します。プレ化粧水となるブースターを使うことで、普段から使っている手持ちの化粧水がいつもよりぐんぐん肌の奥深くへしみ込むのを実感できます。

ブースターの良いところは、手持ちのスキンケア用品を買い替えなくても良いところです。普段使っている化粧水の前に塗布するだけで、化粧水が肌にぐぐっと入り込むのを実感できるはず!潤った素肌の状態は、化粧ノリも良くなり顔の印象も若返ります。

IMG_1840

今回は創醸300年を超える日本酒メーカーの大関が独自開発した天然美肌保湿成分「コメ発酵液AGL 136」配合が配合された『マセラージェ スキンケアアクセラレーティング セラム』というブースターを使ってみましたが、浸透力が強いと思っていた化粧水が、普段よりもぐぐぐっと肌に入り込む感じが新鮮でした。

化粧水をたっぷりつけても、どんどん浸透するのでまた付け足したくなる感じです。

 

角質層の保湿は季節を問わずに行いたいもの、みなさんもぜひ試してみてくださいね!

 

【参考】

マセラージェ ブースター 初回限定キャンペーン – マセラージェ