ヒールが履けなくなっちゃう!「外反母趾」ができてしまうNG習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもハイヒールを長時間履いていると足が痛くなるもの。でも、もし外反母趾になって、もう一生ヒールを履けなくなってしまったら、女性としてそれは悲しすぎますよね……。

そんな事態に直面しないためにも、毎日ちょっとしたコツでできる予防法とケアについてご紹介しましょう。

 

外反母趾の原因は?

外反母趾とは足の親指の関節が、外側に曲がってしまう症状のこと。親指の付け根が“くの字”のように出っ張ってくるため、窮屈な靴やヒールの高い靴を履くと、どんどん痛んできてしまいます。

原因としては、足の筋肉があまり発達せず、歩くときに5本の足指をしっかりと使って歩くことができないことが一因とされています。また窮屈な靴に指が押し込められて、地面に垂直に力が入らず、おかしな方向に力が入ってしまうことが重なって、だんだんと親指の向きが変形してしまうのです。

さらにパンプス、ミュールなど簡単に脱げる靴は、無意識のうちに足指に力を入れて脱げないように履いてしまうため、指を縮めたまま歩きがち。これも、外反母趾が圧倒的に女性に多いことの原因とされます。

 

外反母趾の予防法

先に述べたように、外反母趾は、地面と垂直の方向へ足の指に力が入らないことから起こってしまいます。そのために重要なのはやはり靴選びです。

足の長さや幅、甲の部分もしっかりフィットするものをセレクトし、靴の先端が三角形に狭くなっているものは、極力避けましょう。足の指を靴の中で自由に動かせるものが良いです。

 

外反母趾のケア法

もう外反母趾になってしまった方、なりかかっている方は、まず歩き方を見直しましょう。裸足で歩いてみたときに、足の指で地面を踏みしめて蹴るように歩けていますか? その正しい歩き方を、靴を履いているときでも実践できるように、自分の足に合った靴を選んであげましょう。

外反母趾がひどくなると医師による治療が必要になります。さらに、ヒールなんて痛くて履けず、歩けなくなる場合もありますので要注意です。

 

ヴィクトリア・ベッカムも外反母趾がひどいことで有名。いつも高いヒールを履いている彼女も、最近はローヒールの靴を履いている姿が、パパラッチされています。

ここぞという日にヒールが履けなくなってしまったら、女性としてやっぱり悲しいですよね。そうならないためにも、日々のケアと対策をきちんとしていきましょう。

 

【関連記事】

だって女の子だもん…クサすぎる足のニオイ改善法5つ

なんと9割の女性が「足の悩みアリ」ということが明らかに

【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

生脚は男性ウケがいい?30過ぎの女性が勘違いしてること

流行の靴が痛くて履けない悲劇をなくすために知っておくべきこと