脂肪燃焼と美肌にはコレ!キレイになれる「優秀チーズ」教えます

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪も多く栄養たっぷりのチーズは、”太ってしまう”というイメージが強く、ダイエット中の方は避けているかもしれません。しかし、実は脂肪燃焼を促し、ビタミンもミネラルもたっぷりなので、美肌にもよく、カルシウムが穏やかな心に導いてくれるなど、嬉しい効果が期待できる食べ物なのです。

中でもどんなチーズがよりおススメなのか、チーズは実は太りにくいという理由も紹介していきます。

 

チーズは太りにくい!

チーズには脂肪分も多く含まれていますが、ビタミンB2が豊富に含まれている食品でもあります。ビタミンB2は、体内で脂肪の燃焼を促進させる働きがあるため、チーズに含まれる脂肪分を心配する必要はありません。

ビタミンB2以外にも、美肌のビタミンと呼ばれるビタミンAや骨や虫歯の健康にもよいカルシウムも、チーズには多く含まれています。美肌効果もアップし、カルシウムでイライラを静めてくれることもあって、女性が摂るべき栄養がいっぱいなのです。

 

お酒のおつまみにも最適なパートナー

ワインとチーズの組み合わせはとても合いますが、お酒のおつまみとしてのチーズは、身体の面から考えてもピッタリです。チーズは肝臓の働きをよくして、アルコールの分解をスムーズにしてくれます。

またチーズの脂肪が、アルコールの刺激から胃を守ってくれます。ですからワインに限らず、アルコールを飲むときは、その前にチーズを食べておくとベターなのです。

 

どのチーズが優秀?

チーズの製法によってもカロリーはだいぶ変わります。カロリーが低くダイエットにおススメのチーズは、カッテージチーズやモッツアレラチーズです。

一方、カロリーが高めなものは、クリームチーズやチェダーチーズ、パルメザンチーズ、ゴーダチーズなどです。注意したいのはパスタにパルメザンチーズをかけるとき、粉状になっているとついついたくさんかけてしまいますが、かなりカロリーが高いことを知っておくとよいでしょう。

例えば、モッツアレラチーズやカッテージチーズをサラダに使うと、チーズに含まれていないビタミンCや食物繊維を野菜で補うことができ、とてもおススメのメニューになります。

 

食卓やお酒の席で上手にチーズを使って、賢いダイエットや美肌効果の恩恵を受けましょう!

 

【関連記事】

カトパンも大好きな「チーズ」の意外すぎる健康効果5つ

食べすぎると太ってしまう「高カロリーなパン」トップ10

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

※ たったの30秒!美容の大敵「野菜不足」を抜け出せる方法

「辛いダイエット」はもう古い!食べて痩せられるもの7つ