「短い・細い・少ない」まつげの悩みを解決するマスカラメイク術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「まつげ少なっ!」という印象をガラッと変えるアイメイクの裏ワザ「短い、細い、少ない……」など、このようなまつげの悩みを抱えている方は、何をしてもマスカラ映えしないと諦めていませんか? しかしその悩み、マスカラ選びとアイライナーで解決することができるのです。

早速、まつげのお悩み別、おすすめのマスカラをご紹介していきたいと思います。

 

■マスカラ選びのポイント

(1)まつげが少ない・・・ボリュームタイプのマスカラ。

(2)まつげが短い・・・繊維入りのマスカラ、コームタイプのマスカラ。コームタイプのマスカラなら、短いまつげをキャッチして、マスカラ液を根元からつけることができます。

(3)まつげが柔らかい・・・カールキープ力が強いマスカラ。

それぞれのお悩みに適したマスカラがわかったら、基本のマスカラメイクをおさらいしておきましょう。

 

■基本のマスカラメイク

(1)根元、中間、毛先の3カ所にわけて、力を入れず優しくビューラーをかけます。

(2)下地を塗ったらコームでとかし、乾かします。

(3)上まつげの真ん中から、左右の順にマスカラを塗ります。マスカラは、根元にはたっぷり、毛先は軽めに塗るとカールが取れにくくなります。ブラシを縦にして、まつげ1本1本にマスカラを塗るようにすると、長さが出やすいのでおすすめです。

(4)ブラシを縦に持ち、下まつげにマスカラを塗ります。

最後に、アイライナーを使って、まつげの密度を濃く見せるコツを紹介します。

 

■まつげの密度を濃く見せるコツ

ペンシルタイプのアイライナーで、まつげとまつげの隙間を埋めてください。このようにすると、まつげの密度を濃く見せることができます。

伏し目になり、まつげの内側をアイライナーで埋めましょう。この時、粘膜まで塗りつぶさないように気をつけてください。

 

クルンとカールした長いまつげを、憧れだけで終わらせるのではなく、自分の目元で再現してみませんか?

 

【関連記事】

太って見えちゃう「モリっとふくれるほっぺ」をなくす奇跡のテク

超目立って一気にゲンナリ…「鼻ニキビ」ができちゃうNG生活習慣

そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

実年齢より4歳老ける!? 「バストの垂れや衰え」を防ぐ習慣4つ