左右対称じゃない人多し!「顔が大きくゆがむ」避けるべきNG習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは顔が左右同じですか? 目の高さ、大きさ、眉毛の位置、口角の位置など、よくよく見てみると左右違う人が多いのです。実は顔がゆがむ大きな原因のひとつが生活習慣。毎日続けると少しずつ顔がゆがみ、気がついたときには大きなゆがみが生じていることも……。

そこで今回は、続けると左右の顔がゆがんでしまう生活習慣を4つご紹介します。

 

■1:頬杖をよくする

仕事中やテレビを見ているときによく頬杖をついているという人は要注意です。頬杖を左右順番についている人はあまりおらず、どちらかやりやすい方でついている人がほとんど。頬杖をつくことで片側のフェイスラインに圧力がかかります。

毎日続けるとフェイスラインから顔のゆがみが生じます。できるだけ頬杖をつかないように意識することをおすすめします。

 

■2:横向きで顔の下に手を置いて寝る

横向きで手を顔の下に置いて寝ている人は、少なくありません。頬杖同様、どちらかのフェイスラインや頬に圧力がかかることで顔のゆがみにつながります。

また、横向きで寝ると骨盤がゆがみやすいと言われています。骨盤のゆがみは顔のゆがみにもつながるので、できるだけ仰向けで寝るように心がけてください。

 

■3:片側で噛むクセがある

食べ物を噛むときに、左右の歯を同じくらい使用していますか? 虫歯をかばっていたり、固いものを噛むときはどちらか噛みやすい方を使う人が少なくありません。片方の歯で噛むことで、口まわりの筋肉のつき方が変わり、フェイスラインや口角の位置が左右違ってきてしまいます。

虫歯が気になる人は早めに治療し、左右の歯をしっかり使用して噛むように意識した方がよいです。

 

■4:脚を組んで座る

脚を組んで座ると、骨盤のゆがみにつながります。骨盤は上半身と下半身のつなぎ目であり、骨盤がゆがむと全身のゆがみにつながります。背骨がゆがみ、顔のゆがみにもつながります。

また、ゆがむだけでなく額や頬骨が前に出て、下に落ちてきます。そのことで額のしわやほうれい線ができやすくなり、目がだんだん小さくなってしまいます。できるだけ脚は組まずに座ることをおすすめします。

 

上記の4つは、続けると左右の顔がゆがんでしまう、絶対避けたい生活習慣です。どれも無意識でやってしまいがちな習慣なので、普段から意識することが大切ですね。

 

【関連記事】

顔が大きくなっちゃう原因はコレ!危険な「顔の歪み」診断

矯正士は絶対やらない!脚が「ぐにゃりとゆがむ」NG生活習慣とは

O脚や不妊症にまで!? 放置はマズイ「骨盤ゆがみ度」1分チェック

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

プロから警告!自宅で小顔マッサージすると損する人の特徴4つ