ストレスがあると不妊率は2倍!妊娠まで29%も長くかかると判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでも、妊娠にストレスが関わっていることはすでに判明しています。さらに最新の研究では、強いストレスは妊娠できないリスクを増加させてしまうことが、明らかになりました。

ストレスが、肌荒れや体調不良などに影響を及ぼすだけでなく、妊娠しにくくなってしまうとは……。女性にとっては放っておけない事実ですよね。

 

ストレスレベルが高い人は不妊率が2倍に

オハイオ大学の免疫学の学者が、不妊ではない18歳から40歳のアメリカ人女性501名を対象に、妊娠するまでの12ヶ月間、人によっては妊娠するまでのさらに長い期間をかけて、追跡調査を行いました。

調査では、ストレスに応じて分泌されるαアミラーゼとコルチゾールという成分の分泌量を調べ、どの程度のストレスを感じているかについても調べられました。

すると強いストレスを感じた女性は、ストレスレベルが低い女性に比べて、妊娠するまでの期間が29%も長くかかるとわかったのです。さらに、避妊をしていない男女が12ヶ月間妊娠しなかった場合の“不妊”の定義に当てはまる割合が、ストレスを感じている女性は、感じていない女性の2倍にもなりました。

 

妊活の第一歩はストレスフリーになること

私たちはストレスを感じると体調を崩すなど、肌ツヤひとつとってもさまざまな影響が身体に出てしまいます。このことは誰もが経験で知っていることでしょう。しかし、そのストレス度合いが妊娠にも大きく関係していたとは衝撃です。

妊娠を望んでいながらも、日々仕事やさまざまなことにストレスを感じている人は、そんなストレスが思わぬ妨げになっている可能性もあります。また“妊娠したいのにできないこと”自体がストレスとなって、何らかの影響を及ぼしているのかもしれません。

しかし言いかえれば、ストレスを遠ざける生活を心がけることで、妊娠に結びつく可能性もあるということですね。

 

ストレスはあらゆる面からみて、私たちにさまざまな負の影響をもたらす悪いもの。でも、ストレスを感じずに暮らしている人なんて少ないのが現状です。ストレスを回避する、自分に合った方法を身につけていきたいですね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

その「体調不良」は危険信号?今すぐ自分でできる子宮内膜症診断

乳がん患者にも効果あり!やっぱりすごいヨガの健康効果を解明

健康のバロメーター「自爪診断」で手軽に分かる!身体からのSOS

見つけた日には超ショック!「アンダーヘアの白髪」を招くNG習慣

 

【参考】

Stress impacts ability to get pregnant, study finds – Science Daily