5分でできる!崩れを直し「メイクを復活させる」魔法の修正テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝と同じようなメイク状態をキープするのって難しいですよね? ランチ休憩の時や終業後にメイクが崩れた顔を見て、ギョッとした経験がある方は多いと思います。

デロデロ、ヨレヨレの顔で人前に戻るのは絶対に嫌。でも、「メイク直しをする時間が5分しかない!」なんてこともありますよね。

そこで今回は、5分もあれば十分なメイク崩れを素早く直す、修正テクをお伝えしていきたいと思います。

 

■1:ファンデの崩れを直したい時

いざメイクを直す時、いきなりファンデーションを重ねるのは、厚化粧やムラの原因になります。まず、にじみ出た皮脂をティッシュで軽く押さえてください。

次に、化粧水をひたしたコットンの出番。朝のうちに、コットンに化粧水を染み込ませたものをジップ付きの透明ビニール袋に入れて、ポーチにしまっておきましょう。それを、ファンデーションがヨレている部分や、目元、口元の乾燥している部分に優しく滑らせてください。

その後にファンデーションを塗れば、厚塗り感やムラ、ヨレがなく、キレイに仕上がります。

 

■2:アイメイクを直したい時

マスカラやアイラインが落ちて目の下についていると、クマができて疲れているように見えてしまいます。

目の下のメイク落ちは、リップクリームをつけた綿棒を、目尻から目頭に向けてクルクルと回しながらオフしてください。メイクが落ちたところは、コンシーラーでカバーし、ファンデーションを薄く塗りましょう。

アイシャドウがよれている時は、指の腹でポンポンとなじませてください。発色が薄くなっている時は、アイシャドウを重ねましょう。目元の疲れがひどい時は、目尻を”くの字”に囲うように、ハイライトを入れるといいですよ。

 

■3:眉を直したい時

時間が経つと、汗や皮脂で眉尻が消えてしまいます。そんな時は、まずコームで眉をブラッシングしてください。それから眉尻を描き足し、再度ブラッシングをしましょう。

このようにすると描き足した部分が馴染み、眉が濃くなったり色ムラができるのを防げます。

 

■4:チークを直したい時

夕方になると顔が垂れ下がってきます。チークは、朝塗ったところよりもやや上の内側にふんわりとのせてください。お疲れ顔を元気に見せることができますよ。

 

ランチ休憩の時や、アフター6に予定がある時、「メイク直しをする時間がなくて焦ってしまう……」という方は、ぜひ試してみてくださいね。メイクをキレイに整えて、後半戦、夜も楽しみましょう!

 

【関連記事】

そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

「ぽってり奥二重」の人がより目を小さく見せる勘違いNGメイク

「ゲッ!マロになってる」という衝撃とサヨナラする眉メイク裏技

マスクを外した後は超おブス!あの2大お悩みを解決する方法とは