新社会人よ注意!メイク初心者が陥りやすい取り返し不能な3大ミス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この春から新しい環境へと旅立つ人も多いのでは? そんなとき女性なら誰しもメイクに気を使うようになりますよね。そこで今回は、今まで慣れていなかったメイクをし始める、初心者ほど陥りやすいやってはいけないことをご紹介します。

 

■やりすぎまつげエクステ

まつげエクステを半年以上続けているという人は要注意です。サロンを訪れるたびに、つけるエクステの長さが長くなっていませんか? 本数も増えているという人は客観的に自分を見つめ直しましょう。

スッピンでもアイライナーを引いているかのような目に慣れてしまうと、お化粧をしたときに物足りないような気持ちになり、まつげだけ悪目立ちしている恐れが。360度すべての角度から見て、自然な長さと本数をサロンのスタッフと相談してみましょう。

 

■保湿をしないフルメイクアップ

大学を卒業するまでは、毎日フルメイクアップをしていなかった人も多いことでしょう。慣れないメイクをする上で気をつけたいのは、メイクをする前の下準備にあります。プロのメイクアップアーティストたちがメイク時に欠かさないのは、ファンデーションを塗る前に行う保湿と下地。

素人は効果がよくわからず、飛ばしてしまう行程の代表として下地が挙げられますが、コスメのもつ実力を存分に引き出すためにも、保湿や下地などはしっかり行いましょう。UV対策も行えば、結果的にお肌を守ることになります。

 

■黒〜グレーのアイシャドウのゴスロリメイク

学生時代のメイクは、個性を主張するもののひとつだったかもしれません。しかし社会人になると、マナーとしてのメイクが求められる場面も多々あります。

ビジュアル系バンドのような黒アイライナーで作り込む囲み目メイクなどは、職場の雰囲気に合わずあなた自身の存在が浮いてしまう危険性も……。個性的なメイクは休日に思いっきり楽しんで、普段は清潔感を第一に意識しましょう。

 

いかがでしたか? 初心者だけではなく、メイクを続けてきている大人の女性でも当てはまることがあったかもしれません。客観性を大切に明日も美人でいてくださいね。

 

【関連記事】

月9の天使「石原さとみ級」くちもと美人になるたった2つの秘策

隣のあの子は愛用中!社内恋愛が始まる「モテ女の必須アイテム」

そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ

※ 美人顔に近づく「左右対称メイク」を成功させるたった3つのコツ

アラサーがやったらドン引き!絶対やってはいけないNG自撮り3つ