大流行のホワイトコーデ!いや~なシミ黄ばみを即効で落とす方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今季マストアイテムのホワイトクローズ。あなたももう手に入れたのでは!? 晴れた日に爽やかな白い服で出かけると気持ちがいいですよね。できれば購入したてのような白さをいつまでもキープしたいもの。

そこで今回は、いつまでもその白さが続くコツと、ついてしまったシミや黄ばみを即落とす方法をご紹介します。

 

■1:適度なつけ置きで黄ばみを除去

洗濯回数を重ねると、徐々に黄ばみが目立つようになってしまう白い服。食べこぼしのシミ以外の黄ばみはほとんどの場合、汗が原因です。汗をかきやすい首・手首などには黄ばみケアの液をつけて、洗濯の前に温水を張ったバケツにつけ置きすると、皮脂が取れやすくなります。

ただ、あまり長くつけ置きすると汚れが布に逆戻りすることがあるので、様子を見ながら20〜30分間で洗濯機に入れましょう。強すぎないブリーチ剤も有効です。

 

■2:クレンジングオイルを活用

どうしても取れない首もとの黄ばみなどは、クレンジングオイルをつけて優しくこすり洗いをし、温水で流してみてください。温水を使うのは、体温に近い温度のほうが皮脂汚れが取れやすいためです。メイクと皮脂汚れを落とすタイプのクレンジングオイルは、こんなところにも活用できます。

 

■3:白物だけで洗濯をする

洗濯機が高性能になったおかげで、色物と白い物を厳密に分けなくても色移りせず、衣類を洗い上げられるようになりました。ただし購入したてのような白さを保ちたいという人は、色物と白い物は分けて洗いましょう。

 

■4:アイロン糊を使う

アイロンをかける際、アイロン糊を使ってみてください。新品のようにパリッとするだけでなく、皮脂汚れが布にしみ込むのを防いでくれることがあります。

 

■5:その日のうちに洗う

半日ほど袖を通した白シャツなどは、汗がついてもすぐに黄ばむことがない場合もあります。しかし数日放置してしまうと目に見えて黄ばんでくることも。こうなると汚れが落ちにくくなるので、その日のうちに首まわりだけはすぐ洗うなど工夫をしましょう。

 

お洒落な人に欠かせないのが清潔感。お洋服を大切に扱うことで長持ちし、新品のようなキレイさを保つことができます。ぜひ参考にして、この春のトレンド”真っ白コーデ”に活用してみてくださいね。

 

【関連記事】

今春流行コーデ「オールホワイト」を簡単に着こなせるアイメイク術

月9の天使「石原さとみ級」くちもと美人になるたった2つの秘策

再ブーム到来!春注目の「ペタンコ靴」でスタイルUPするコツ6つ

春トレンドをカンタン制覇!透明肌とピンク使いのマスター法

今すぐ診断!知らないとオバサン呼ばわりの今時ファッション用語