新しい女子会スタイル!「アフタヌーンティー」の正しい楽しみ方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、新しい女子会のスタイルとして大人気の”アフタヌーンティー”。アフタヌーンティーとは、英国貴族が育んだ紅茶とともに軽食やお菓子を食べる習慣のことをいい、会話やテーブルコーディネートを楽しむ社交の場としても、親しまれています。

しかし、人気とはいっても「ちょっと気後れしちゃう……」と感じている方も少なくないはず。そこで今回は、これだけ覚えれば大丈夫! アフタヌーンティーに誘われた時、物怖じせずに楽しむ方法をお伝えします。

 

■ドレスコードは”露出に注意”

ホテルでアフタヌーンティーを楽しむなら、雰囲気を壊さないように露出が少ないワンピースなどを着ていくのがオススメです。カジュアルすぎる服装も控えましょう。

 

■紅茶の楽しみ方

アフタヌーンティーの楽しみの一つは、美味しい紅茶。お店によっては紅茶を注いでくれますので、さほどマナーを気にしなくても大丈夫です。もし、自分でポットから注ぐ時はフタをおさえず、右手だけを使って注ぐのがマナー。最初の1杯は、紅茶の香りや味を楽しむためにもストレートで飲んでみましょう。

また、カップは指を揃えてハンドルを持つと、美しく優雅に見せることができます。ハンドルの中に指を入れて持たないように気を付けましょう。

ソファのようにテーブルと距離がある席の場合は、ソーサー(カップを置く食器)を左手で持ち、カップは右手で持ってください。

 

■軽食の食べ方

アフタヌーンティーのケーキスタンドは、主にサンドイッチ、スコーン、ペストリー(ケーキ)の3つで構成されています。「何をどうやって食べたらいいの?」と焦らないために、ここではアフタヌーンティーの基本のマナーをお伝えします。

(1)ケーキスタンドのお皿は外さない。

(2)食べる順番は、サンドイッチ、スコーン、ペストリーの順に食べる。

サンドイッチは、一口サイズに切れていれば、手でそのまま食べてOK。大きければ、お皿にとってナイフとフォークで切ってから食べます。

スコーンは、お皿にとり手やナイフで横に割りましょう。一口大にしたら、クロテッドクリームを塗って食べてください。

ペストリーは一口サイズになっているものが多いので、そのまま食べてOK。そうでない場合は、ナイフで切ったりフォークやスプーンを使って食べましょう。

(3)全員が食べ終わってから、次のお皿にうつる。

アフタヌーンティーの軽食は、同じものが人数分用意されています。好きなものだけを食べないように気を付けましょう。

 

それほど難しいことはありませんよね? 「アフタヌーンティーは、気合いが必要」だと思っていた方も、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

「肌ツヤは良いけど太ってない?」と思われるNGなお肉の食べ方

あなたは大丈夫?同期に嫌われ「一人ぼっち」になる人の特徴5つ

お一人様が苦手な方必見!女性が入りにくい店・入りやすい店の特徴

「もう来ないで!」と思われちゃうホームパーティでのNGマナー

目からウロコ!美人に見える「ケーキのフィルム」のはがし方テク