驚くほどおいしい野菜ジュースを作るマル秘テクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キンキンに冷えたスープって、とっても美味しいですよね! 今回ご紹介するのは、手軽に作れ美容効果のある美味しいレシピに仕上げおります!

それは、ガスパチョ! スペインの南部アンダルシアで発祥したといわれるガスパチョ。暑いところで発祥したこともあり、スープや食器もしっかり冷やし、キンキンに冷たい状態でいただきます。

パンを入れるのはパンを大切にする国民であるためです。残りもので十分ですよ!

また、食前にいただくことで、酸味が食欲を増進させる働きがあります。

 

【材料】(5人分)

プチトマト 250g

赤ピーマン 1/2個

玉ねぎ 15g

にんにく 2g

きゅうり 1/4本

食パン 15g

赤ワイン酢 大さじ1

E.V.オリーブ油 20ml

はちみつ 大さじ1

 

【下準備】

トマト、玉ねぎ、赤ピーマンはざく切りにしておく。

きゅうりは皮をむいておく。

にんにくは皮をむき、薄切りにしておく。

浮きみ用の野菜は2mm各にし、湯通ししておく。

 

【作り方】

ミキサーに野菜の材料と食パンをいれ、かき混ぜる。

塩味はしっかりとつける(野菜の全体量×0.7%)。分量の赤ワイン酢、はちみつ、エクトラバージン・オリーブ油、水はとろみが残る程度まで適量加える。

シノワでこし、しっかりと冷蔵庫で冷やす。

器もしっかりと冷やしておき、ガスパッチョを流しいれ、浮きみとして赤ピーマン黄色ピーマン、ズッキーニをのせ、エクトラバージン・オリーブ油を軽くかける。

 

お野菜をまるごと美味しく食べられますよ〜! なかなかお野菜が摂れない方や、お忙しい朝の野菜ジュースとしてもオススメです。

どうぞお試しくださいね!