「悲しい曲」がもたらす驚きの感情!失恋ソングを聴きたくなるワケ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失恋ソングなどの悲しいメロディの音楽を聴いていると、自分まで悲しい気持ちになってきます。でもそれと同時に、ロマンチックな感情を私たちは感じ、ある種の快感を体験しているという、驚きの事実が明らかになりました。

 

悲しい曲でも悲しみはさほど感じていない!?

理化学研究所と東京藝術大学が共同で行った実験をご紹介します。実験では18~46歳の男女44人に、一般に悲しい音楽とされる単調で構成された曲をまず聴いてもらいました。

その後「一般的に多くの人は、この音楽を聴いてどう感じると思いますか?」と「あなたは、この音楽を聴いてどう感じましたか?」という2つの質問を行い、”悲しい”、”愛おしい”など62種類の感情を表す用語とその強度(0~4)を回答してもらいました。

すると一般的な感情としては、悲しみを表す表現が一番多く高いレベルで選ばれたのですが、一方で、本人の感情では、それほど悲しみのレベルが高くないことがわかりました。

また、”うっとりした”、”愛おしい”、”恋しい”といったロマンチックな表現は、一般的に人が感じる感情としては、あまり高く評価されなかったのに対し、実際に本人が感じたという感情の回答では、悲しい曲にも関わらず、ロマンチックな表現が選ばれ、ロマンチックな感情を体験していることがわかりました。

 

悲しいメロディに快感を感じる?

上記のことからわかるのは、人は悲しい音楽を聴くと、悲しい音楽だと判断しながらも、本人はそれほど悲しいと感じておらず、ロマンチックな感情も芽生えているということ。この実験は、音楽を経験している集団とそうでない集団とに分けても調べられ、この傾向は、音楽経験の有無にはよらないものとも判断されました。

悲しいメロディを聴けば、自然と私たちも悲しい気持ちになりますが、もしも悲しい感情しか生まれないとしたら、私たちはそんな音楽は、あまり聴きたくないと避けているはずです。

でも実際には、そんな負の感情をもたらす音楽を、私たちが繰り返し聴いており、それは悲しみとは対極なロマンチックな気持ちが起きて、ある種の快感を感じていたからなのだと分析されます。

 

失恋ソングを聴いて、自分が歌の登場人物になったように悲しみにひたる……。そんなありがちな体験は、ロマンチックな気持ちも同時に生まれて、その雰囲気を楽しんでいる自分がいるからかもしれませんね。

 

【関連記事】

なるほど!美人は絶対にやらない睡眠の質を悪くするNG習慣とは

衝撃!幸福度の低い日本人が人生で一番ハッピーなのは●才と判明

なんと!「腸の調子が人の性格を作る」という驚くべき事実が判明

「ゆっくり食べること」がダイエットに重要である本当の理由とは

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

 

【参考】

 ※ 悲しい音楽はロマンチックな感情ももたらす – 理化学研究所