実は超危険なシグナル!無視するとコワ~い「顔の寝癖跡」防止策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きたときに、シーツや枕、髪の毛の跡が顔にくっきりついていたという経験はありませんか? すぐに跡が消えず、会社で恥ずかしい思いをした……という方もいらっしゃるのでは?

そもそも寝ているときに顔につく跡、いわゆる“顔の寝癖”は、できること自体が問題です。顔に寝癖がつくということは肌をどんどん老化させたり、肌トラブルを引き起こす寝方をしている証拠。

そこで今回は、顔に寝癖がつきやすい人に注意して欲しい睡眠習慣と、寝癖跡の解消テクをご紹介します。

 

■顔によく寝癖がつく人に潜む危険

寝癖がついているということは、横向きやうつ伏せで寝ている時間が長いということです。そのため、下記のような肌トラブルが起こる可能性があります。

(1)顔のシワやたるみを引き起こす

横向きで寝る場合、どちらかの頬を下にして眠ることで重力が働き、ほうれい線ができやすくなってしまいます。また、うつ伏せで寝ると頬が枕に押しつけられ、顔にシワが長時間寄ることから、癖になってしまいます。

(2)顔や背骨がゆがむ

顔の片側に長時間圧力がかかり、顔のゆがみにつながります。また、顔だけでなく骨盤もゆがんでくるので、背骨のゆがみにもつながります。

(3)ダニやほこり、摩擦で肌荒れを起こす

頬を枕にべったりつけて寝ると、枕との摩擦からニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き起こします。また、枕に潜むダニやほこりが長時間、顔に接することで肌トラブルを起こす可能性もあります。

横向きやうつ伏せで寝ることは悪いことではありません。しかし、美容の面から考えると肌トラブルが起こりやすくなります。顔に寝癖がよくついている人は、寝方を少し意識してみてくださいね。

 

■顔の寝癖を短時間でスッキリ解消するテクニック

顔の寝癖は、年を重ねれば重ねるほどつきやすく、解消しにくくなります。それは肌のハリと弾力がなくなることが原因で、跡がつきやすくなってしまうのです。そこで、ハリと弾力を取り戻し、短時間でスッキリ解消する方法をお伝えします。

(1)簡単フェイスマッサージ

(2)蒸しタオルで肌を温める

(3)たっぷり保湿

朝、くるくると頬をやさしく簡単にマッサージすると血行がよくなり、むくみがスッキリとれて肌にハリとツヤが出ます。顔色もワントーン明るく透明感が出るのでおすすめ。

「マッサージをする時間がない……」という人は、蒸しタオルで顔をじんわり覆ってあげるだけでも、むくみが緩和されて肌にハリが出ます。下記の絵を参考にして試してみてください。

また、忙しい朝でも入念に保湿することが大切です。しっかりと丁寧に行うことで肌細胞がたっぷり潤い、肌にパーンとハリが出ます。肌にハリが出ると寝癖も解消し、メイクのりもよくなりますよ。

 

以上、注意すべき睡眠習慣と顔の寝癖解消テクの紹介でした。日ごろからコラーゲンの生成を促進するビタミンCを意識して摂取し、寝癖のつきにくいハリのある肌を保ってくださいね。

 

【関連記事】

「横向きvs.仰向け」老化防止や美容によい寝方はどっち!?

彼もギョッとする!残念な「寝顔&いびき」を封印するテク3つ

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

これって加齢臭!? 「枕のイヤ~な臭い」を引き起こすNG習慣4つ

肩こりはこれが原因!? 意外とできていない枕選びのNGポイント5つ