痩せないアラサー女性は「ここだけ鍛えれば」くびれ消失を防げる!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、「頬の肉が落ちた」「上半身に肉がつきにくくなった」と喜んでいる女性の皆さん。実はそれ、痩せたわけではなく、脂肪のつき方が変わっただけかもしれません。アラサー女性が本当に気をつけるべきところは、”胴体部分”だということをご存知ですか?

そこで今回は、胴体部分のボリュームアップを防ぎくびれ消失を防止する、簡単なエクササイズを紹介します。

 

■アラサーはくびれが消失しやすい時期!?

20代の頃はちょっと食事を抜くだけ、運動をするだけでも痩せたのに、「30代になってからは効果が出ない……」と、体の変化を感じたことがある方は多いと思います。それもそのはず、30代というのは様々な原因から、脂肪が増加しやすくなる年頃なのです。

特に、下腹部や腰回りに脂肪がつきやすくなり、胴体部分がワンサイズアップしたり、くびれが消失してしまう恐れがあるので一大事。この原因は、いったい何なのでしょうか?

 

■アラサー女性が太りやすくなる原因3つ

(1)筋肉の老化が始まる

加齢により活動量が低下すると、筋肉が痩せてしまいます。すると、姿勢を維持する筋肉が弱まり、体型が崩れ始め老化につながるのです。

(2)ストレスを感じることが多い

30代の女性には、仕事や人間関係、結婚、妊娠、出産など様々な変化が起こりやすい時。その結果、ストレスがたまり、食欲を抑制するセロトニンというホルモンの分泌が低下。満腹を感じにくくなり、食べ過ぎにつながります。

(3)ホルモンバランスが乱れる

30代を過ぎると、内臓脂肪の蓄積を抑制する働きのある、女性ホルモンの分泌量が減るため太りやすくなります。

これらの要因が複雑に絡み合い、アラサー女性は太りやすくなってしまうのです。最後に、胴体部分の脂肪を減らし、ウエストのくびれを死守するための”体幹エクササイズ”についてお話します。

 

■体幹エクササイズとは?

体幹とは、肩から腰回りの胴体部分のことを言います。この体幹には、太い筋肉が集中しているため鍛えることで代謝が上がり、痩せやすくなるのです。気になる体幹エクササイズの方法は、下記のとおり。

まず、床に両手、両膝をついて、四つんばいになります。右手と、その対角線上にある左足を同時にのばし、背筋と一直線になるようにして10秒間キープします。その後反対側も同様に行います。

 

体幹のインナーマッスルを鍛えれば、胴体部分の脂肪がスッキリし、女性らしいくびれが復活します。いつまでも若々しいボディラインをキープするためにも、体幹エクササイズをライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

体が硬いと太る!? 痩せたい人はこの3つのパーツだけ柔らかくして

夜寝る前の「食べ過ぎスパイラル」から抜け出せないNG習慣8個

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

下半身太りの原因!合わないパンプスが引き起こす危険な症状

アラサー女性の6割が悩んでる「洋ナシ体型」から脱却する極意4つ