背肉や背ニキビの原因!「背中のこりをほぐす」たった2つの方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春のポカポカ陽気に誘われ、上着を脱いで過ごす日が増えてきました。しかし、薄着になった時というのは、ボディラインがあらわになりますよね。冬の間、縮こまっていた方は、姿勢が悪くなって背中もこり固まっているのでは?

そこで今回は、背肉や背ニキビの原因にもなる、”背中のこり”をほぐす簡単な方法をご紹介したいと思います。

 

■背中のこりが及ぼす悪影響

背中にある肩甲骨は、上半身のバランスをとるのに重要な働きをします。ただ、背中の筋肉や肩甲骨というのは、普段使うことが少ないために、こりがたまりやすい場所でもあるのです。

特に、こり固まりやすいのが肩甲骨の間で、これを放っておくと肩甲骨がずれ、様々な動作がスムーズに行えなくなります。やがて腰痛や肩こり、頭痛など不調の原因へとつながるのです。

さらに上記だけではなく、背中がこっているとリンパや血液の流れが悪くなり、老廃物が滞ることでニキビができたり、脂肪がついたりします。それでは、これらの不調を回避するためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

■背中のこりには”肩甲骨エクササイズ”が効果的

(1)肩甲骨を寄せるエクササイズ

まず、リラックスをして床や椅子に座り、両肘を軽く曲げます。その後、肩甲骨をグッと寄せるように肘を引き、10秒間キープします。このエクササイズを、朝晩各5回繰り返しましょう。

(2)腕を伸ばして行う肩甲骨エクササイズ

はじめに、両腕を真上に伸ばします。腕をクロスして手のひらを合せたら、上に引っ張るような姿勢をとり、5秒間キープします。腕をクロスしたまま、上体を大きく左右各10回ずつ回してください。

 

背中のこりがほぐれると、ストレスが緩和されて呼吸が深くなり、血流もアップします。ブラのハミ肉や、水着を着た時に目立つ背中ニキビを作らないためにも、背中をほぐす習慣をつけおいて損はありませんよ!

 

【関連記事】

あなたが太る原因はコレだった!ほんの少しの工夫で過食を防ぐコツ

満腹状態で寝るのはNG!太るのはもちろん●●にもなる恐怖が…

超やりがち!脂肪をボーボー燃やす体作りを邪魔するNG習慣3つ

体が硬いと太る!? 痩せたい人はこの3つのパーツだけ柔らかくして

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク