嫌われ女一直線!? 「デキる男性」にドン引きされるメールの件名

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは一日に何回メールのやりとりをしますか? いちいちその数を覚えていられないくらい送受信を行う現代でも、知り合ったばかりの気になる異性にメールを送る時は、何を書こうかとドキドキしますよね。万が一、件名でしょっぱなからドン引きされていたら……!? 

今回は仕事がデキる魅力的な男性ほど嫌悪する、つけてはいけない件名をご紹介します。

 

■会社ドメインのメール宛にプライベートな内容

アメリカCIAの元職員スノーデン容疑者が、アメリカ政府がドイツのメルケル首相を盗聴していたと暴露した衝撃的な事件がありました。アメリカ政府が、個人のメールをすべて閲覧できることが明らかになりましたが、実は会社でも同じような仕組みができています。

通常は、社名のドメイン宛に届いたメールは管理者がすべてチェックできるので、相手が就業中なら個人的な内容のメールが迷惑になるかもしれません。プライベートな内容は、別のSNSアプリを使うなど工夫しましょう。管理者に内容が筒抜けなメールからは、彼の本音が聞けないかもしれませんね。

 

■思わせぶりなセクシー感はまるで悪質な出会い系!?

「Re:この間は……」このようなスパムメールの王道みたいな件名は避けましょう。ニュアンスを含める要素「……」などを件名に入れると、「なんだか重たい内容なのかな」という暗い印象を与えてしまう場合もあります。

ミステリアスな雰囲気を件名に込めるのは難しい技。彼にとって、あなたのメールがスパムに分類されないように気をつけて!

 

■無題&用件のはっきりしないメール

それほど 親しくなっていない相手に対して、件名が無題な上に、チャットアプリのような要領で自分の気分を送るだけのメールは、仕事中の男性をイラっとさせてしまうかも!? 

例えば「あ〜そろそろお買い物いかなくちゃ〜。夕日がキレイ……」こんなメールをもらっても、反応のしようがありません。人によっては件名が無題だと「怒ってる!?」と心配してしまう場合もあるようです。

結論のない会話が苦手な男性は多いといいます。気の置けない友人ならまだしも、知り合ったばかりの恋愛対象男性にはやらないほうがいいようですね。

 

あなたがメールを受信する立場なら、どんな件名がついていたら違和感を覚えますか? 相手の気持ちを考えておかしな誤解をされないような言動を心がけたいですね。

 

【関連記事】

「もう来ないで!」と思われちゃうホームパーティでのNGマナー

傷つけずに「体臭がキツイ」と本人に伝える優しさ溢れる方法

公害ならぬ「香害」被害急増中!? 大人の香りNGマナーまとめ

茶道から学ぼう!男性から一目置かれる女性の美しい所作5つ

実は意外と見られている!「汚れた靴」が印象を最悪にする理由