たったスプーン半分で「たるみ・クマ・シワ」に効く身近な食材とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒー、紅茶、スイーツなどによく使用されるシナモン。フワッと香る独特の香りは、仕事や家事の合間のリラックスにもピッタリですよね。

逆に香りが苦手……という人もいるかと思いますが、実はシナモンは一日にスプーンたった半分で、驚くべき美容効果をもたらしてくれます。そこで今回は、シナモンの嬉しい美容効果についてご紹介します。

 

■1:顔全体のたるみ防止

顔に張り巡らされている毛細血管が衰えると、肌の隅々まで栄養を届けることができなくなり、シワやたるみができやすくなります。

シナモンには、加齢とともに弱くなる毛細血管を強くする、“アンジオポエチン”という分子と同じ働きをする効果があり、加齢や活性酸素で傷ついた毛細血管の修復を行ってくれます。

 

■2:目の下のクマやシワ改善

特に目の周りには毛細血管が集中しているので、栄養が隅々まで行き渡ることで目元のたるみが原因でできる、“黒グマ”の予防や改善につながります。

また、シナモンには血行促進作用があり、血行不良が原因でできる“青グマ”解消にも効果的です。

 

■3:薄毛、抜け毛予防

頭皮の血行不良は薄毛、抜け毛の原因になります。シナモンの毛細血管強化の働きと血行促進効果は、薄毛や抜け毛の予防になり、頭皮の健康維持や美しい髪の発毛促進にもつながります。

 

■4:冷え性改善

“冷えは万病のもと”と言われているように、体温が下がると免疫力も下がり、病気になりやすくなってしまいます。シナモンの血行促進効果は、そんな冷え性の改善にピッタリです。血行が良くなると新陳代謝がUPすることから、美肌にもつながります。

 

■5:ダイエット効果

シナモンは血行を促進し、代謝を高めてくれる効果があるので太りにくい体質づくりにつながります。他にも、中性脂肪やコレステロールを低下させる働きも期待できます。また、シナモンの香りは交感神経を刺激して空腹感を紛らわす効果も期待できることから、ダイエットのお供にもピッタリです。

その他、シナモンには血糖値を正常化させる働きを期待できることから、糖尿病の予防改善にもつながる嬉しい効果も期待できます。

 

■6:生理痛の緩和

体は子宮を収縮させることで、血液を外に排出しています。血行不良だとが子宮が収縮しにくくなるため、子宮収縮ホルモンが分泌され、子宮が強く収縮することから生理痛が起こります。

血行が良いと子宮収縮ホルモンの分泌も少なくなるので、シナモンの血行促進効果は生理痛緩和に効果的なのです。ただし、カフェインには体を冷やす働きがあるので、生理痛が気になるときはカフェインを含むコーヒーや紅茶などとは、一緒に摂取しない方がよいです。

 

シナモンは、一日スプーン半分摂取するだけで十分効果的です。摂取しすぎると肝障害につながる可能性もあるので、多くてもティースプーン一杯程度にしておくことをおすすめします。手軽にできるシナモン美容をぜひ取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

白髪とはもうサラバ!若々しい黒髪維持のために摂るべき食べ物

1日たった半分で「グジュグジュ花粉症」に効果的な食べ物とは?

良かれと思ってやってる「目元がくすむ」最悪のお手入れ習慣4つ

今すぐ見直して!「生理痛をひどくする」間違ったNG習慣5つ