膀胱炎をラクラク回避!見習いたい「パリジェンヌ流予防法」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレが異常に近い、痛い、そんなつら~い膀胱炎に悩んでいませんか? 病院で診てもらうことも大切ですが、パリジェンヌは膀胱炎すらおしゃれに対策していることが判明! 

今回は、大人気のフランス語のメルマガを配信している、パリ在住のみ~ささん(小林まみさん)にパリジェンヌ流、膀胱炎対策について教えていただきました。

 

■エリカのハーブティーで膀胱炎対策を

パリジェンヌが体の不調がある時に駆け込む、エルボリストリ。エルボリストリとは、”薬草薬局”のこと。パリにあるエルボリストリには、たくさんのハーブ、ハーブティー、アロマオイルが所狭しと並んでいます。

パリに19年住んでいるみ~ささんによると、エルボリストリではお店の人に症状などを相談し、いくつかの質問に答えると、症状に合ったハーブや植物がブレンドされた煎じ薬を処方してくれるのだとか。

み~ささんいわく、「去年膀胱炎になって大変痛かったので、今年は避けたいと、寒くなってきたころに予防の意味でエルボリストリへ。腸の菌状態を整える顆粒のもの(自然なエキス)を勧められ、2週間、朝に1袋摂り続けました。やはり免疫力は腸からなのか、飲み始めてから一度も風邪をひきませんでした。膀胱炎にもならずにすみ、肌の改善にも効果があるような……」とのこと。

み~ささんの友人で、膀胱炎になってしまったという方も、エルボリストリでエリカのエキスを勧められて服用したところ、とても効いたそう。発作が起きた時のお守りとして1本購入しているとか。

ただ、エルボリストリに相談に行きたくても、なかなかパリには行けませんよね。残念ながら、日本にはパリのエルボリストリのような薬草薬局はありません。膀胱炎で悩む方には、み~ささんのご友人も効果を実感したエリカのハーブティーがお勧めです。

 

■エリカには美白効果も!

エリカは、別名ヒースとも呼ばれます。膀胱炎など泌尿器系のトラブルによい他、美白効果も期待できます。エリカのハーブティーは、日本でも入手可能です。ピンク色の花がキュートで、味も飲みやすいのが特徴。

つらい膀胱炎対策で、ついでに美白効果も得られるエリカのハーブティー、お勧めですよ。

 

今回はパリのエルボリストリと、膀胱炎によいエリカのハーブティーをご紹介しました。つら~い膀胱炎ですが、おいしくおしゃれにハーブティーで対策してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

残便感がある人は病気かも…毎日排便しても危険な症状とは

食べるだけで美腸になれる!超簡単な発酵食品レシピ5つ

人には言えない…痔を招く女性の典型的なNG生活スタイルとは

驚愕の事実が判明…なんと痔のクリームでシワが消える!?

 

【取材協力】

※ 小林まみ・・・女子学院、慶應義塾大学理工学部卒業後、パリ高等映画学校(ESEC)に留学。フランスの映像プロダクション勤務を経て、フリーで通訳、翻訳業に携わる。2004年より、メルマガ『み~さの12秒フランス語!』発行。「まぐまぐメルマガ大賞」3年連続受賞。フランス生活のコラムも人気。 著書に『お風呂で読むフランス語[会話フレーズ]』(学習研究社)『1日12秒!初歩フランス語文法マスター!』(オフィス/アコテどぅトワ)など。