みんな肌をこすり過ぎ!恐ろしい「摩擦ジミ」ができちゃうNG習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっぴんの肌をよーく見ると、うっすらと赤いポツポツがあるという方! 「紫外線対策は万全にしているのに、どうしてシミが?」と驚いたのではないでしょうか。もしかしたらそれ、肌への刺激や摩擦が原因となって、メラニンを生成させたり、色素沈着を引き起こしたりする”摩擦ジミ”かもしれません……。

実は、日常生活のなかには摩擦ジミができてしまうNG習慣がたくさんあるというのに、気を付けていない方が意外と多いのです。下記の項目に心あたりがある方は、今すぐ改善しましょう!

 

■1:ゴシゴシクレンジング・洗顔をする

クレンジングや洗顔時、肌をキレイに洗おうと必要以上に力を入れている方は要注意。

(1)クレンジング剤・・・肌馴染みが良くなるように手のひらで人肌に温め、指先に力を入れずに優しくメイクを落とす。

(2)洗顔料・・・泡立てネットでキメ細かく泡立て、泡を転がすように洗顔をする。

 

■2:シャワーのお湯を直接浴びる

水圧が強いシャワーのお湯を顔に浴びるのも、刺激になります。入浴時にクレンジングや洗顔をする方は、お湯を手に溜めて顔をすすぐようにしましょう。

 

■3:タオルでゴシゴシ拭く

洗顔後や入浴後、タオルでゴシゴシと肌を拭くのも刺激になります。トントンと軽く叩くようにして、水分を拭き取りましょう。

また、外に長時間干したタオルや洗剤の使用量が多いタオルは、固くてゴワゴワになってしまいます。ゴワゴワタオルの使用も肌への刺激になるので、注意しましょう。

 

■4:マッサージで刺激を与える

顔のマッサージを頻繁に行うと、肌への刺激と摩擦が原因となってシミができやすくなります。マッサージの頻度を減らし、顔に直接触れずに行えるエクササイズや顔ヨガを取り入れて、むくみ、小顔、シワ対策をしましょう。

 

■5:メイク時にゴシゴシこする

ファンデーションやアイシャドウ、チークを塗る時というのは、思っている以上に肌をこすっています。手の力を抜いてメイクをすることを心がけましょう。ブラシ類は肌触りが良く、柔らかいものを選ぶといいですよ。

 

毎日こんなにも肌をゴシゴシしていたなんて、衝撃的ですよね。これからは紫外線対策だけではなく、肌への刺激も意識して、シミのない美しい肌をキープしましょう。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

顔が大きく老けて見えちゃう「あごのたるみ」を作るNG習慣3つ

首から下がオバさんに!「ダブダブ首肉」がついてしまうNG習慣

ほうれい線に!「ベロ回し体操」で得られる嬉しい効果5つ

見た目年齢がUP…マリオネットラインを加速させるNGなクセ