「私ニオってる?」デートの前はNGな体臭を強くする食べ物5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椅子に座った時や風が吹いた時、フワッと漂う自分の香りに、「私、ニオってる?」と不安になったことはありませんか? もしかしたらそれ、普段好んで食べている物と関係があるかも……。

そこで今回は、体臭を強くする食べ物をまとめてみました。人と会う前や大事な予定がある時は、下記の食べ物を控えましょう。

 

■1:スパイスや香辛料

ニンニクやたまねぎ、カレーなどのスパイスや香辛料類は、消化する時に亜硫酸ガスを発し、血液に溶け込むため、肺や毛穴からニオイを放ちます。

 

■2:アルコール

アルコールが代謝される過程で作られる、アセトアルデヒドが血液に混じり全身をめぐると、汗や尿、便、呼吸からもニオイを放つようになります。アセトアルデヒドは、代謝されるまでに24時間かかります。翌日に大事な予定がある日は、飲み過ぎないようにしましょう。

 

■3:乳製品

チーズやバター、卵、アイスクリームなどの動物性脂肪を含む食品は、消化する時に硫黄のようなニオイを発します。乳製品は、ピザやパスタなど様々なメニューに使われていますので、摂りすぎないように意識しましょう。

 

■4:肉

肉は消化しにくく、腸に長時間残りやすいという特徴があります。また、それが腐敗するとニオイを放つようになります。肉を食べる時は、手のひらに乗る大きさを超えないようにする、野菜を食べるようにするなどして、偏りを防ぐとよいです。

 

■5:ジャンクフード

ジャンクフードやファストフード、カップ麺などは、食品添加物が多く消化しにくいため、体臭の原因になります。それだけではなく、ジャンクフードにはビタミンやミネラルなどの栄養が少ないため、頻繁に食べていては体によくありません。

外食時のメニュー選びに気を付けたり、自炊をする回数を増やすなどして、栄養バランスのよい食事を摂るように心がけましょう。

 

食事の内容次第で体臭は変わります。「ニオっているかもしれない……」という不安がある方は、上記の食べ物を控えてみることをおススメします。

 

【関連記事】

驚くべきことにオス化女子は加齢臭が出やすいことが明らかに

臭いと言われない!におわない汗をかくための汗腺トレーニング3つ

「汗臭くならないためには?」汗をかいた後にすべき対策3つ

実はゴシゴシ洗いが原因!? 体臭が強くなる本当の理由

※ 【動画あり】和顏が「色気と立体感のある顔」に変身する!メイク術