なぜそこに?「こめかみにニキビ」ができやすくなるNG習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「特別な日に限ってニキビができる」「定期的にニキビができる」など、常にニキビに悩まされているという方は多いと思います。しかし、一言でニキビといっても、できる場所によって原因はさまざま。

そこで今回は、”こめかみ”にニキビができやすい原因と対策法をまとめてみました。

 

■1:髪の毛による刺激

髪の生え際というのは、汗をかきやすく、湿りやすい場所です。それだけではなく、こめかみは髪の毛がかかりやすい場所でもあります。そのため、髪の毛についたスタイリング剤や汗、皮脂、汚れで、肌に蓋をしているような状態になってしまっているのです。

髪の毛がこめかみにかからないようにまとめたり、汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。

 

■2:シャンプー、コンディショナーのすすぎ残し

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しは、ニキビの原因になります。洗顔の次にシャンプーをするという方は、順番を変えてシャンプーをしてから洗顔をしてみてください。これだけでもニキビが改善されますよ。ただし、洗顔時にもすすぎ残しには気を付けましょう。

 

■3:ホルモンバランスの乱れ

イライラ、不安、心配事がある時や、生理前後のホルモンバランスが乱れている時の影響は、こめかみニキビとなる可能性大。

こめかみは、特にストレスに弱い場所だと言われているので、ニキビができた時はゆっくりと休養をしましょう。アフター6や休日は、趣味に没頭するなど好きなことをしてストレスを溜めないように過ごすのも、こめかみのニキビ対策として効果的です。

 

気温が上がり、まとめ髪をすることが増えるこれからの季節。「こめかみニキビが気になって、まとめ髪ができない……」なんてことにならないように、今からお手入れを始めてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

※ 【動画あり】和顏が「色気と立体感のある顔」に変身する!メイク術

ニキビをつぶすのはNGというのは誤解!正しい白ニキビの潰し方

跡が残りやすい「厄介な赤ニキビ」を一日でも早く治す超簡単テク

体に良いと食べていても実はニキビを誘発してしまう食べ物3つ

痩せてニキビ&冷え症が改善する!隙間時間に押せるツボのまとめ