春は老けやすい季節…「老ける人or老けない人」その違いはどこ?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポカポカと気持ちのよいシーズンの春。しかし、この季節は油断大敵! 実は、春は”老けやすい季節”でもあるのです。放置しておくと、ガクンと老け込んでしまうかもしれません……。

そこで今回は、春に老ける人と老けない人、その違いについて探っていきたいと思います。

 

■春に老けやすい原因とは?

季節の変わり目は体調を崩しやすく、お肌の不調を抱える人が多くなってきますよね。それに加えて、春はスタートの季節でもあります。異動や引っ越しなど環境の変化から疲れやストレスが溜まりやすくなったり、体調や精神面に負担がかかることがきっかけです。

その他にも、気温差から女性特有の冷えやむくみ、吹き出物などの肌トラブルなど、特に注意して過ごしたい季節でもあるのです。

 

■どうすれば春の老化を防げる?

ストレスを抱えたまま多忙な日々を送ると、老けてしまうばかりか健康にもよくありません。そこで大切なのが”規則正しい生活”と、”オンとオフの切り替え”です。

(1)普段より25%カットの食事

老けない人の共通点として注目されているのが、サーチュイン遺伝子です。若返り遺伝子、長寿遺伝子とも呼ばれるこの遺伝子は、私たち誰もが持っているそう。このサーチュイン遺伝子を活性化させることで脂肪燃焼、シミやしわの改善、肌つやアップ、動脈硬化や糖尿病予防まで、様々な好影響が期待されています。

サーチュイン遺伝子を活性化させる条件の1つが、空腹です。金沢医科大学病院では、下記のような研究結果をホームページ上で発表しています。

<30代から60代の男性4人に1日に必要なエネルギー量からカロリーを25%制限した食生活を7週間続けてもらい、長寿遺伝子の活動状況を調べました。その結果、わずか3週間でも長寿遺伝子が作るサーチュイン酵素の量が1・4~4・6倍に増加し、7週間後では4・2~10倍も増加することが裏付けられたのです。>

食事を摂るときは、腹7分目を意識してみるとよいですよ。

(2)休日のメールチェックは必要最低限に

休日に仕事の電話やメールとなれば、落ち着いていられませんよね。ソワソワした気分で過ごしたり、しっかり休息がとれなければ、せっかくの休日も無意味になってしまいます。そこで休日は、メールや電話のチェック時間を決め、必要最低限にすることがおススメです。

(3)心地よいと感じることをする

アロマやマッサージ、お気に入りの入浴剤でゆっくりバスタイムなど、心身ともにリラックスすることでオフへのスイッチが入りやすくなります。

 

いかがでしたか? 心身のバランスを上手く保って、環境が変わりやすい春もいきいきと過ごしましょう。

 

【関連記事】

※ 顔が大きく老けて見えちゃう「あごのたるみ」を作るNG習慣3つ

※ 恐ろしい「ブルドッグ顔=たるみ」は毎日進行していると判明!

※ オバさんに見える「おでこのしわ」が深~く刻まれるNG習慣5つ

※ 【動画あり】和顏が「色気と立体感のある顔」に変身する!メイク術

※ 恐怖でガクガク!生野菜を摂らないと体内年齢が11歳も老けるって

 

【参考】

腹七分目で若返ろう – 金沢医科大学病院