コスパ抜群!毎日のケアにちょい足し「ベビーパウダー美容法」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビーパウダーといえば、赤ちゃんのあせもやただれ防止に使うパウダーというイメージが強いですよね? ところが近年、ベビーパウダーはニキビやテカリ、毛穴の詰まりなど、大人の女性の美容にも効果を発揮するということが話題になっています。スキンケアにちょい足しする方が急増しているというのです。

そこで今回は、ベビーパウダーでキレイになれる理由と、ベビーパウダーを使った美容法をご紹介していきたいと思います。

 

■ベビーパウダーでキレイになれる理由

ベビーパウダーは、生まれたばかりの赤ちゃんに使うことができるほど、低刺激で安全性が高いものとして知られています。そのため、抵抗なく使うことができるということから、支持する大人の女性が急増しているのだそう。

ベビーパウダーが人気の理由は、それだけではありません。なんでも、下記のベビーパウダーの主成分が、毛穴の詰まりや過剰な皮脂分泌を抑制し、ニキビやテカリなどの肌トラブルに効果を発揮するのだといいます。

(1)コーンスターチ(トウモロコシから取れる植物デンプン)・・・余分な水分を吸収し、乾燥すると放出することから、肌の水分バランスをキープする働きがある。

(2)タルク・・・滑石という鉱石を微粉砕した無機粉末。消炎作用がある。

ベビーパウダーが大人の肌にもよいとわかったら、早速毎日のケアにちょい足ししてみましょう。

 

■ベビーパウダーを使った美容法5つ

(1)洗顔にちょい足しで、毛穴の汚れをオフ

普段使っている洗顔料に、小さじ1杯分のベビーパウダーを混ぜて、よく泡立てて洗顔をする。

(2)牛乳と混ぜてお手軽パック

牛乳大さじ3杯と、ベビーパウダー大さじ3杯を混ぜ、液垂れしない硬さになったら肌にのせて、10分放置したら洗い流す。

(3)フィニッシュパウダーとして使う

ベビーパウダーは肌への負担が少ないだけでなく、テカリを抑えてサラサラ肌にしてくれるので、フィニッシュパウダーの代わりに使うのもおすすめ。肌トラブルが目立たない方なら、日焼け止め、化粧下地、ベビーパウダーの3点だけでも十分です。ニキビ跡やシミが気になる方は、リキッドファンデーションの後にベビーパウダーを使うといいですよ。

(4)ベビーパウダーでサラサラ髪復活

少量のベビーパウダーを手のひらにのせて馴染ませたら、毛先につけてブラッシングをしてください。ベタつきや絡まりが解れて、サラサラ髪が復活しますよ。

(5)汗やニオイをケア

ベビーパウダーには、汗を吸収する効果があるので、制汗剤の代わりとしても使えます。汗をかいたら、ベビーパウダーを軽くはたきましょう。布袋に入れたベビーパウダーは、湿気とニオイが気になる靴の消臭剤としても使うことができます。

 

どこか懐かしく癒しの香りがするベビーパウダーに、こんなにも使い道があったとは驚きですよね。これからは、ベビーパウダーは赤ちゃんのものという認識が変わってくるかも!?

 

【関連記事】

意外なテクが満載!バスタイムでできる「ちょい足し美容法」5つ

目からウロコの「ちょい足しスキンケア」で老け肌を絶対退治!

頬以外の顔パーツにチークを入れて男性をキュンとさせるテク3つ

※ 【動画あり】和顏が「色気と立体感のある顔」に変身する!メイク術

※ たったの10円でできる!? 自家製炭酸水を使った贅沢洗顔法とは