案外気づいてない?「メイク下手な人」がやりがちなNG行動3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう何年もメイクを続けているのに、「何だかいつもイマイチ……」そう感じている方もいるかもしれません。もしかするとそれは、テクニック云々ではなく、基本的なことを見直す必要があるのかもしれません。

そこで今回は、メイク下手な人がやりがちなNG行動を3つご紹介します。

 

■1:メイクする場所の光が均一でない

お部屋のどこにドレッサーを置いていますか? 左右どちらか一方からだけ光が差し込む場所は、絶対NG。光が顔に均一に当たらないと、片側だけメイクが濃くなったりムラになったりしがちです。

ドレッサーを置く場所やメイクをする場所は、正面から顔に光が当たるところを選ぶようにしましょう。

 

■2:鏡を正面からしか見ていない

メイクするとき、横顔も鏡でチェックしていますか? 横顔を確認してみると、眉の長さがもう少し必要だったり、チークを足した方がよいことに気づいたり、修正ポイントが見えてきます。

ファンデがフェイスラインでムラになっていると残念ですし、女性の横顔が好きという男性も少なくないので、鏡でしっかり左右をチェックしましょう。

 

■3:付属のミニブラシやチップを使っている

チークやアイシャドウに付いている小さなブラシやチップを使うと、ふわっとぼかすのが難しかったり、つけすぎてしまうことがあります。

そこでおすすめなのが、メイクブラシを使うこと。チークブラシ、アイシャドウ用ブラシ、ファンデ用ブラシ、リップブラシを持っていると、細かいところまでキレイに仕上げられるので揃えてみてください。

チーク、シャドウ、ファンデなどのパウダーものは、ブラシにしっかり粉を含ませて、なじませてから使うのがコツです。これらがあるとメイク上手になれますよ。

 

多くの女性は、毎日メイクをしますよね。女性ならではのメイクをもっと上達させるために、ぜひ3つのポイントに気をつけて取り組んでみてください。

 

【関連記事】

まるで別人!? アイラインの引き方で顔の印象をガラっと変える裏ワザ3つ

ちぐはぐな「散らかり顔」はNG!統一感あるメイクに仕上がるテク

※ 【動画あり】メイクテクがグ〜ンとUPする最強アイテムと使い方

大流行中!小顔にデカ目と良いこと尽くしの「薄太眉」になるテク

「なんだか可愛くなった?」とドキッとされちゃうメイクって?