脳科学者が断言!「髪質美人」が最もモテると判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪型を変えるだけで、見た目の雰囲気も気分もガラリと変わりますよね。実は、髪型は今の自分の性格をあらわす心の鏡なんです! そしてそれと同時に、髪型を変えることで、逆に性格が変わる傾向にあることも分かりました。

つまり、なりたい自分のイメージに合った髪型を選ぶことで、性格も理想の自分に近づけます。さらに、”美しい髪質”が女性をより魅力的に見せるためにとても重要なのです。そこで今回は、髪型別性格診断と、より魅力的な女性になるためのポイントをご紹介します。

 

■髪型と性格の密接な関係

今回、脳科学者の塩田久嗣さんにお話をうかがったところ、髪型には今の心境や性格があらわれるそうです。4つの例をご紹介しますので、自分がどちらに当てはまるかチェックしてみてください。

(1)髪の長さ

ロング・・・受け身で協調性を重んじる、自然体を好むタイプ

ショート・・・積極性があり、アグレッシブで自己主張の強いリーダータイプ

(2)髪のニュアンス

ストレート・・・キリッとした意思の強さ、積極性のあるタイプ

ふんわり巻き・・・やわらかく受け身、ゆったり感のあるタイプ

(3)前髪

あり・・・前髪で顔の一部を隠すということから、自分に自信のないタイプ

なし・・・顔を全部さらけ出すということから、自信家タイプ

(4)髪色

ハッキリとした色を好む人は主張性が高い傾向にあり、黒や金髪や赤などハッキリとした色に近づくほど自己主張が強く、個性的。

これらの回答を足してゆくと、今の自分自身の心境が見えてきます。しかし、もし診断結果と理想の自分像が違っても落ち込む必要はありません。塩田さんのお話では、作用・反作用の関係から、逆に髪型を変えることで性格がそれに引っ張られる形で変わってゆくそうです。

自信を持ちたい人は、前髪をアップにすることで気持ちもキリッとし、自然と心境も変わってゆきます。守ってあげたいと男性から思われたい場合は、あえて前髪を作ることで自信のなさや受け身な雰囲気になり、それに伴って心境も変化してきます。なりたいイメージにつながる髪型にぜひ挑戦してみてください。

 

■モテる女性の秘密は髪型ではなく髪質?

髪型の重要性をご紹介しましたが、実は髪型以上に意識したいのが“髪質”です。塩田さんのお話では、髪質=生命力をあらわしているそうです。パサついている人はホルモンバランスが乱れていたり、栄養不足、ストレス過多の可能性があります。

人間の脳は、そのパサついた髪の毛からその人の不調を察知することができます。“子孫を残す”という観点から、男性は無意識的にツヤツヤの髪=体に不調がない女性を選ぶ習性があります。つまり、髪に輝きのある女性がモテるということにもつながります。

今の時期は肌同様、髪も乾燥しやすい時期。パサパサだと髪型でなりたい自分に近づけても、男性からの評価はイマイチ……なんてこともあり得ます。いつものヘアケアにプラスして、洗い流さないトリートメントでの毎日のケアは髪がしっとりツヤツヤになるのでおすすめです。

 

まずは誰もが見とれるツヤ髪をゲットして、理想の自分を叶える髪型にチャレンジしてみてくださいね。

 

【取材協力】

塩田 久嗣・・・ブレインサイエンス・ラボラトリー所長。長年にわたり脳や心を研究し、感情や気分、性格、行動などと脳の活動の関係について多面的に研究している。男女間や性格別の脳の働きの違いについて「男女脳診断」「脳タイプ診断」なども手がける。恋愛における脳についてのコラム、テレビ出演多数。著書に『恋愛脳力』『99.9%成功する脳の使い方』など。