「洗顔後30秒以内」の化粧水でシミ・シワ・毛穴問題すべて解決!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の乾燥は自覚なく進んでいき、シワやシミの原因となります。自然化粧品を展開するネイチャーズウェイが実施した「美容の悩みについてのアンケート結果」では、悩みの1位が「乾燥」(521名)とのこと。

一度負のスパイラルに入ると、なかなか改善するのが難しい乾燥肌。そこで今回は、そんな乾燥を化粧水のつけ方で解決する方法をお伝えします。

 

■ほとんどの悩みが乾燥肌

ネイチャーズウェイが1178名の女性に聞いた「美容の悩みについてのアンケート結果」を見ると、1位「乾燥」(521名)、2位「シミ・そばかす」(179名)、3位「毛穴の開き・たるみ」(156名)となっています。 

また、「美容の悩みの対策は何をするべきですか?」という質問では、1位「保湿(化粧水・乳液・ミスト・クリーム・スチーマー含む)」(719名)が圧倒的に多く、続いて、2位「洗顔」(91名)、3位「美容液」(87名)という結果になりました。 

シミやシワ、毛穴など肌悩みのほとんどが乾燥に起因するもの。乾燥を悪化させてしまう原因には以下のものがあります。

(1)外的環境が砂漠化している

(2)肌に水分が付着しやすい

(3)美白化粧品などによるもの 

それでは、記の原因によるダメージから改善する方法をご紹介します。

 

■30秒以内の化粧水ですべて解決

極度に乾燥した肌はなかなかまとめてケアしようと思ってもすぐには回復しません。こまめに乾燥対策をしていくことが肝心です。 同調査でも、「洗顔後からどのくらいで化粧水をつけますか?」 という質問には、「30秒~5分」(726名)、「30秒未満」(317名)、「6分~10分」(76名)という結果になっています。 

乾燥を防ぐ簡単なコツは、”洗顔後30秒後以内に化粧水をつけること”です。洗顔後やお風呂上がりからスキンケアをするまでに、多くの人は早くても5分は掛かるようです。

しかし、洗顔からスキンケアまで時間が空くと、化粧水が肌に馴染みにくくなります。かといって、その場では丁寧にスキンケアができないので、化粧水だけでもつけておきましょう。その後の乾燥度がぐっと違ってきます。

30代以降なら保湿力の高い化粧水だとなおいいです。 乾燥しやすくなったと感じる人は、洗面所に化粧水をおいて洗顔とセットで行いましょう。その後の乳液の馴染みや化粧持ちも変わってきます。

 

今回ご紹介した方法をぜひスキンケアに取り入れてみてください。きっと肌質が改善してもちもちの潤い肌になりますよ。

 

【関連記事】

洗顔だけで落とせる!肌荒れしない「日焼け止め」ベスト5

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

「朝5分」でも手抜きに見せない!究極の時短メイク技まとめ

※ ほんの少しの手間でOK!みるみる潤う「はちみつ美容」テク5つ

※ もはや時代遅れで超ダサイ!愚かなNGメイクの特徴3つ

 

【参考】

美容の悩みについてのアンケート結果 – ネイチャーズウェイ