ゲェッ…油断大敵!「加齢臭予備軍」になっちゃうNG生活習慣5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の間は、”いかに体を冷やさないか”ということが美容にとっては重要でしたが、気温が上がってくるとお悩みは一転。これからの季節、最も気になるのは”ニオイ”なのではないでしょうか。

ひとことでニオイといっても、汗をかいた後のニオイだけではなく、加齢臭というニオイもあるので対策は大変……。「加齢臭なんて私はまだ大丈夫!」と思っていても、生活習慣次第で加齢臭予備軍になってしまうかもしれません。油断はできませんよ。

そこで今回は、年齢不相応の加齢臭に悩まされることになるNG生活習慣について、お話していきたいと思います。

 

■ヤバイ! 加齢臭が出やすくなるNG生活習慣5つ

加齢臭は、一般的に40代を超えた男女に起こるニオイだと言われています。ですが近頃は、生活習慣のせいで加齢臭の低年齢化が進んでいるのだそう。下記の項目に心当たりがある方は、早急に改善していきましょう。

(1)糖分、脂肪分多めの食事

糖分や脂肪分が多い食事を続けると皮脂の分泌が盛んになり、加齢臭の原因物質ノネナールの発生量が増加します。肉中心の食生活や脂っぽいもの、甘いものは控えるようにしましょう。

(2)ホルモンバランスの乱れ

女性の加齢臭は、女性ホルモンと関係があります。女性ホルモンの分泌が正常に行われていれば、酸化抑止効果により脂肪酸が酸化しにくく、加齢臭は抑えられるといいます。女性ホルモンのバランスを整えるためには、体を冷やさないように気を付け、大豆食品やアーモンド、まぐろなどを摂取するのが効果的です。

(3)慢性的な運動不足

汗をかくことが少ないと汗腺の働きが悪くなります。すると、老廃物が体内に溜まり、いざ汗をかいた時に悪い汗が出るようになってしまいます。運動を取り入れるのが難しい方は、湯船に浸かって汗を流すのも効果的です。

(4)ストレスが溜まっている

ストレスを感じると、体の中の活性酸素が増加します。そして、ストレスが大きいほど活性酸素が長期的に増えることになり、加齢臭の原因物質ノネナールを作る過酸化脂質も増え続けます。まずは、ストレスを減らすことを心がけ、ビタミンC、Eなどの抗酸化物質を摂取しましょう。

(5)睡眠不足

睡眠不足が続くと、新陳代謝がスムーズに行われなくなります。その結果、皮脂の分泌が盛んになり、ノネナールの発生量が増加します。6時間以上は眠れるように工夫をしましょう。

 

「全部当てはまる……」という方も多いのではないでしょうか? 加齢臭を発生させないためにも改善していきたいですね。

 

【関連記事】

多くの女性が臭いとムレに悩んでる!憂鬱な生理中のNG習慣とは

驚くべきことにオス化女子は加齢臭がでやすいことが明らかに

ボディタオルはNG!? お風呂で手洗い派が急増中の理由3つ

「汗臭くならないためには?」汗をかいた後にすべき対策3つ

臭いと言われない!におわない汗をかくための汗腺トレーニング3つ