今の季節が勝負!夏になると男性のプロポーズ意欲が減っちゃう…

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の方は結婚を真剣に考えていても、男性の方がイマイチ乗り気じゃない……。そんなカップルの方にお知らせしたいのが、春は男性がプロポーズに最適と考える季節だったこと。さらに増税になることが後押しして、プロポーズまで持ち込めるかもしれません。

 

夏と秋はプロポーズにふさわしくない!?

株式会社ミクシィ・リサーチと株式会社みんなのウェディングが共同で20~39歳の男女744名に結婚やプロポーズについて調査したところ、男性が考える「プロポーズをする(される)」季節は、1位が冬(38.4%)で2位が春の34.4%となりました。

一方、夏と秋はそれぞれ12.1%、15.1%と低く、寒い季節と新しい春の季節が、プロポーズするのにふさわしい季節と考えているようです。

 

指輪や結婚費用は増税前が買いどき

また 銀座ダイヤモンドシライシがプロポーズに関して、20~39歳の男女500名にアンケートを行ったところ、未婚男性のうち62.3%が増税前に「婚約指輪の購入をしたい(考えている)」を回答。「結婚指輪の購入をしたい(考えている)」と回答した男性も34%もいました。

増税前に購入したいものについての質問には、家電(44.2%)、日曜品(40.2%)、車(24%)などが上位に挙がっており、これらも結婚生活を始める上で必要になってくるものです。

さらにプロポーズから実際の結婚にいたるまでも、結婚式や新婚旅行、引っ越しなど、さまざまな費用が必要となり、これらすべてを増税後にするとしたら、5%のうちに行うのと比べて税金の差額だけでも無視はできません。

 

とは言っても、プロポーズに踏み出せない男性も多くいるかもしれません。そんなときに女性側からモーションをかけるのも、ひとつの手。

既婚女性の17.3%が、結婚雑誌をわざと置いたり、結婚のことを話題にするなど「プロポーズをさせるような行動をとったことがある」と答えています。なかなか一歩を踏み出せない彼がいる方は、今が勝負どきですよ。

 

【関連記事】

給料3か月分なんて夢のまた夢!女性がもらう婚約指輪の悲しい現実

チョコを食べる唇がセクシーすぎ!石原さとみ唇になれる簡単テク

知らないと大失敗に!花を贈るときは「花言葉」に気をつけて

男性がこぞって夢中になる!ウワサの「絶対領域」のお手入れ法

住谷杏奈に学べ!イケてない彼を中身までイケメンに改造するテク

 

【参考】

みんなのウェディング「プロポーズに関するアンケート」 – ミクシィ・リサーチ

結婚に関する意識調査 – 銀座ダイヤモンドシライシ